メルカリでコスメ・化粧品ってどうやって出品・発送すればよいの?コツを写真付きで紹介!

DSC09947

こんにちは。運営チームの石川です。

メルカリの中でもコスメは人気急上昇のカテゴリーです。
新品未使用品から開封済みのものまで、さまざまブランドでさまざまな状態のコスメが活発に売買され、最も購入者が多く売れやすいカテゴリーのうちのひとつ。

入手したコスメがあるけど、未開封のまま全然使っていない、飽きてしまった、あまり使わなかった、自分に合わなかった…そのお家に眠っているコスメ、出品してみませんか?

でもコスメを売ったことがない方は、どうやって売ってよいか悩みますよね。
この記事では、コスメ・化粧品の取引ガイドラインを写真付きでわかりやすくご紹介します!

この記事のポイント

出品NGのコスメについて確認しましょう
出品時の撮影テクニック
商品説明文の書き方

出品する前に…そのコスメはメルカリで売って大丈夫か確認しましょう!

実は以下のコスメは出品NGなんです。

・法的許認可のない手作りコスメ、化粧品、石鹸、シャンプー、コンディショナー、乳液など
・店頭で使用される化粧品のテスター
・化粧品、香水などの小分け販売
・製造番号・製造記号(ロットナンバー)や成分表示が、商品本体やその外箱に記載されていない又は削られている化粧品類
・個人的に輸入した化粧品類
・その他、薬機法に抵触する化粧品類
※医薬品医療機器等法(薬機法)についてはこちらもご覧ください。

cosme02

法的許認可のない手作りコスメは実はNGなんです。個人利用の範囲で楽しみましょう。

cosme01

小分け販売もNG!気をつけましょう。

cosme03

許可を受けているコスメには、容器や外箱に日本語で直接法定表示が行われています。それが示されていない製品は出品ができません。(写真のように意図的にロットナンバーを削るようなことはないかと思いますが…)

その他、以下はNGですので気をつけましょう。
・個人的に輸入した化粧品類
・その他、薬機法に抵触する化粧品類、店頭で使用される化粧品のテスター

出品時の撮影テクニック

背景はできるだけきれいに、清潔感を大切に

cosme06

特に開封済みだったり一度使用しているコスメは、できるだけ清潔感を大切にしましょう!
ケースについた粉を拭き取ったり、床に直置きをするよりも、コスメの下にA4のコピー用紙などを一枚置くだけで雰囲気がぐっとよくなります。

コスメの製品表示・成分表示も写しましょう

DSC00013

本体やパッケージに記載されているメーカ表示や成分表は、できるだけアップで写しましょう。

使用感がわかる写真も

DSC00008.jpg

そのコスメが1−2回だけしか使ってなくてほぼ新品に近いものなのか、5割以上使っているものなのか、使用状況は購入者が最も気になるポイント。使用状況は写真付きで正直に示しましょう。

商品説明文の書き方

コスメには使用期限があるので、購入日はできるだけ説明文に入れておきましょう。使いかけコスメの場合は開封日を気にする人も多いので、きちんと明記しておくと親切ですよ。

以下の情報を記載しましょう!

  1. 購入時期・開封時期
  2. 使用期限・消費期限
  3. 容量(残量)
  4. 使用方法・使用用途
  5. その他特筆すべき事項

※化粧品の使用期限について
使用期限が記載されていない化粧品はよく販売されているので、そもそも使用期限がわからないと思う方は多いかもしれません。
なぜ書かれていないかと言うと、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)によって、未開封の状態で3年以上品質が保証できる商品は、使用期限や製造日を記載する必要がないとされているから。つまり記載がない化粧品は未開封の場合、製造されていから3年間は使用可能と思って大丈夫。逆に使用期限が3年未満の化粧品については使用期限が明記されているはず。

梱包と発送について

商品は衛生面に配慮し、清潔な状態で発送することを心がけましょう!
梱包をする際は、配送時に破損や内容物の漏れ出しなどが起きないよう丁寧に梱包しましょう。
cosme05.jpg

壊れやすいものは商品に傷がつかないようエアキャップなどで包みます。

DSC00011.jpg

液体物は、内容物の漏れがないようビニールで厳重に包みましょう。

DSC09933.jpg

宅配ビニール袋や内側がビニール素材になった封筒に入れて発送します。

DSC09940.jpg

お相手が安心する梱包を心がけて楽しみましょう!