【注意喚起】第三者へのアカウント共有は行わないでください

いつもメルカリ・メルペイをご利用いただきありがとうございます。

昨今、SNSなどを通じて、第三者へアカウントのログインパスワードや登録情報等を伝えてしまったことにより、メルペイスマート払い(翌月払い)を不正に利用されてしまうケースが発生しております。

メルペイスマート払いとは?

メルカリ・メルペイでは、アカウントを第三者に利用させることや、アカウントの譲渡、売買、質入、貸与、賃貸等の行為を禁止しております。

禁止されている行為を実施したことで生じた被害については、補償の対象外となる可能性がございます。

そのため、SNS等で不審なもうけ話や不労所得などを持ちかけられても、絶対に第三者にログイン情報やSMSの認証番号を伝えないようご注意ください。

※メルカリ・メルペイは第三者によるログインを防止するため、登録された電話番号のSMSへ送付される「認証番号」を利用した、二段階認証が必要なシステムを採用しております。

万一、第三者にログイン情報を共有してしまった場合は、以下の対応をお願いいたします。

《アカウントの操作が可能な場合》

ご自身以外にログイン中の端末を強制的にログアウトしてください。

ログインした端末を強制的にログアウトする方法

《アカウントの操作ができない場合》

既に第三者にアカウントを利用され、お客さまご自身でアカウントへのログイン等ができない場合には、アプリ内の「お問い合わせ」から下記項目についてご報告ください。

※アカウントにログインしていない状態でもお問い合わせが可能です

・本人確認書類

・氏名(フルネーム)

・メルカリに登録したメールアドレス

・現在ご利用のメールアドレス

・メルカリに登録した電話番号

・現在ご利用の電話番号

・被害についてご記載ください

 ※被害内容や状況等、できる限り詳細にご記載ください

なお、不正利用等があった場合、メルペイ利用規約第3条第9項(アカウント情報の不正利用等)に基づいて取り扱われます。

メルペイ利用規約

皆さまに安心してサービスをご利用いただくために、ご注意いただきますようお願いいたします。

新着記事