こんにちは。ライターのたかやと申します。


10/10.11日はデジタルの日
国民にデジタル化の恩恵が行き渡る社会を実現すべく、2021年9月1日に発足したデジタル庁。あわせて、10月10日・11日を「デジタルの日」として「#デジタルを贈ろう」をスローガンに社会全体でデジタルに触れて、楽しむ記念日が新たに設置されました。
日ごろ、デジタル機器やネットサービスに馴染みのない方にも、デジタルに親しむきっかけを届けようというものです。

そんな折、僕の母からのLINEにこんなメッセージがきました。

くわしく聞いてみると

■実家もいらない物であふれて、そろそろ整理をしたい

■近所のリサイクルショップに持ち込んでみたけど、大した額にならない。持ち込みきれない。

■捨てるのも忍びない

とのこと。

なるほどなるほど。つまりこれって、
メルカリの出番では!?

メルカリは誰かが出品したものを買ったり、自分のいらなくなったものを売ったりできる、いわゆる「フリーマーケット」をデジタル上で再現したサービス。
リサイクルショップで買い叩かれそうになったものも、良い値で売れるかもしれませんし、家にいながら、思い立った時にぽちぽちスマホで出品できて、片付けや整理にはもってこいです。

一方でメルカリもスマホやネットツールに慣れていない、いわゆる「アナログ世代」にはまだ浸透しているとは言えません。例えば、僕の両親はその典型で、メルカリを使うどころか、メルカリがどういったサービスかも理解していません…

そこで今回、両親にデジタルを贈ってみるべく「メルカリを一度も使ったことがない両親と一緒に、メルカリを使って実家を整理しよう」という企画をお送りします!

両親にメルカリを知ってもらおう


というわけで、実家に帰ってきました。いいですね、このほど良い散らかり具合。安心します。


冷蔵庫にプリントが貼られているの「実家あるある」じゃないですか?


両親の登場です(母はネットに顔出すのは恥ずかしいそうなのでいらすとや画像を被せてます)

 

登場人物


たかや28歳。平成生まれ。
学生のころからネットサービスが身近にあったデジタル半ネイティブ世代。

父 59歳。
最近になって、ようやくスマホに変えたアナログ世代。
家族との連絡か天気予報の確認ぐらいでしかスマホを使わない。

母 55歳。
同じく最近になってスマホに乗り換えた。
事前に「スマホで不要品を売れるよ」と伝えたら「ブロードバンドだから?」とちょっとよくわからないことを言っていた。

 

まずは両親がどれくらいメルカリについて知っているのか確認してみます。

2人はメルカリを使ったことはある?

一度もないよ

ないなぁ

だよね。2人がスマホに入れている外部アプリって「LINE」と「みてね※」ぐらいだし

※みてね……「家族アルバム みてね」。子どもや孫の写真を家族間で共有することに特化しているアプリ。操作性もシンプルで、遠く離れた両親や祖父母に我が子の成長を見せたい人(見たい親・祖父母)にオススメ。我が家は全員使ってます。

「メルカリ」っていうのもスマホでできるの?

そうだよ。スマホひとつあれば、自分の物を売ったり、他人の物を買ったりできる。スマホでフリーマーケットができるアプリって言えば分かり易くない?

え~、アプリかぁ~……

どうしたの?

私らの世代は、「アプリ」って言葉が苦手なのよ

そうなの?

「フリマ」はフリーマーケットの略ってことぐらいわかるよ? でも、その後ろに「アプリ」っていう新しい言葉がつくと「フリマなのに、なにか難しいことをさせられるんじゃ?」って不安になるのよね

気持ちはわかる。俺もそこまでネットに明るくないから、少し前に「サブスク」って言葉が流行り出したときは「急に知らない言葉が出てきた…!」ってなった

あと、ネットでお金を使う=全部詐欺みたいなイメージがある

そう! だから、アンタから事前に「メルカリで売ればいい」って連絡が来たときも、通帳の情報を盗まれて全財産が無くなるかも…って怖かった

怯えすぎ…さすがにそんなサービスは親に勧められないわ。


アレコレ説明するより実際に見た方が早いので、親のスマホでブラウザ版メルカリを開いて見てもらいました

これがメルカリかぁ~。なんか…服やら時計やら色々あるね

メルカリってなんでも売ってもいいの?

もちろん公序良俗に反するもの(※)とか、他人のものとかはNGだけど、まぁ、日常生活で使うものとかは基本OK。どう? 凄くない?

メルカリで禁止されている出品物はこちらをご確認ください

ふ~~~ん?


いまひとつメルカリに興味を持てない両親

あっ、そうだ。メルカリで、お母さんたちが興味のあるものを見つけてみよう

なんでもいいの? じゃあ、「野菜」かな

野菜?

そう、うちの畑で育てた野菜は私たちで食べるだけだけど、老後はいろんな人にも野菜を食べてもらいたいな~って夢があるのね

いいね。じゃあ「野菜」で検索してみよう


「野菜」で検索してみた

えっ、凄い! めっちゃ出てきた!

凄い!!!

ホントだ。俺もメルカリで「野菜」まで売られてるのは知らなかった

じゃあ、私たちも畑で作った野菜をメルカリで売ってもいいの!?

うん、野菜の出品をぱっと見て趣味で畑やってる人が、家で食べきれない野菜や果物とかを出品してるみたいね。

えー! やるじゃん、メルカリの社長! 見直したよ!

社長は関係ないと思うけど

「野菜」でメルカリに興味持ってくれるのは想定外でした。
みなさんも、親世代に勧めたいときには、まずは「両親の好きなもの」で検索をかけてみたりすると、自分ごとにしやすくなると思います。

 

家の中の不要品を集めてみよう


ここからが本番です、家の中の不要品を探していきます。

僕の実家は築35年の一軒家。両親と子ども3人(現在は子ども全員親元を離れている)の5人家族のため、物であふれかえっています。

これは20年前に知り合いの結婚式の引き出物で貰ったコーヒーメーカー。一度も開封してないよ

おっ、いいね。メルカリは未開封なものは売れやすいみたいだし

そうなんだ。じゃあ……

引き出物の未開封品、あと10個ぐらいある

ありすぎだろ

いや、引き出物で家電や食器を貰っても、家には既に使ってるのがあるから、使う機会がないのよ。かといって、祝い事で頂いた物だから捨てづらいし…

なるほど。家が物で狭くなる理由ってこれか…

これは59年生きてきた自分の経験則として言えるんだけど、1年以上使わなかった物って、この先も使うことはまず無いから

これはそうだね

そういう言葉を年配者が言うのは説得力あるね。物を売ろうかどうかで悩んでる人は背中を押されるよ

あっ、これ懐かしい!

アウトドア用のキャンプセット? 何に使ったっけ?

覚えてない? 16 年前、最後に家族キャンプをしたときに使った道具

あーっ。我が家では、俺が小学校を卒業するまで、年に一回は家族全員でキャンプしてたんだよね

自分の子供たちと一緒にいられる時間は限りがあるし、年に1回ぐらいは家族全員の記念になることをしたかったんだよ

それで父さんと私で話し合って、毎年夏は子どもたちをキャンプに連れて行こうって

あの頃は「やったー、キャンプだー」ぐらいにしか考えてなかったけど、そんな想いで毎年計画してくれてたんだ……。たしかにこれは記念品だね!

メルカリはこういうキャンプグッズも売れるの?

キャンプ用品って高いし、中古でもお手頃価格で買いたい人は多いと思う。今はキャンプブームだから、なおさら。

よし、売ろう

そうね

あ、結構あっさりしてんだ


母の服が収納されているクローゼットも見てみる

メルカリは服も売れるの?

売れる売れる。昔の服でも品が良いものは貴重で、ヴィンテージ的な需要があるみたいだよ。

子どもの入園式や卒園式、入学式や謝恩会とかでいっぱい服買っちゃうのよね

なるほど。行事ごとに服を揃えなきゃだったのか

あっ、私が20代のころに買った服が出てきた

えーっ! よく取ってあるね!

結婚する前は、給料をとにかく服に費やしてた。高かったし、捨てるのももったいなくて…

母にもそういう時代があったのか…

こういうスカートも履いてたし

いいね! 似合ってるよ!

当時は、ポケットからハンケチーフを覗かせるのが主流でねぇ

ひゅー、オシャレ! 時代の最先端行ってるよ、お母さん! そこでターンしようか! お母さん!

照れるわぁ


最後は、たかやの部屋(現在はほぼ物置)

 

きったね~~~。この家で一番散らかってるの、この部屋なんじゃないの!?

アンタの部屋なんだよ

メルカリは漫画も売れるの?

売れるよ

じゃあ、売ろう

待って待って! マジでそれだけは勘弁して。ちゃんと片づけるから!

その言葉も、もう100回は聞いてるなぁ~

というかアンタ、「家の整理を手伝いに来ました」みたいなスタンスで来てるけど、家が狭くなる一番の原因って子どもの荷物だからね

面目ねぇ…

あっ、子どもといえば。2年前に孫が生まれたタイミングで買ったベビーベッドももう必要ないんだけど、これもメルカリでいける?

超いける。なんなら、ベビー用品はメルカリでもかなり出品されてるジャンル。

おぉ。でも、サイズがおおきいからその分送料も高くなるんじゃない?送料はこちら持ちなんでしょ?

まぁ、小物を送るよりかは高くなる

あっ、でもメルカリとは別のサービスだけど「ジモティー」っていうサービスもあって、大きい物だったらこっちも便利かも

ジモ…ティー?

例えば、ジモティーで「ベビーベッドを譲ります。品物を取りに来てくれる人いますか?」って同じ県内や市内の掲示板みたいなところに書き込むと、タイミングよく近所にそれが欲しい人がいたら、取りに来てくれるんだよ

へーーーぇ? ジモって地元の「じも」ってことね

そうそう、ジモティーは引渡す分には手数料がかからないから処分費も0円に抑えられる。あ、あと、一時的に必要のない物を倉庫に預けて、必要なときに必要なものだけを送ってもらえる「サマリーポケット」っていう、これもスマホアプリがあって……

?サマー…??

あっ、ごめん。一度にいろいろ言い過ぎた

いろいろあるんだなぁ、ってことは分かった

メルカリに出品しよう


さぁ、売りたい不要品も見繕ったので、いよいよメルカリに出品します。

まだアプリをインストールしただけですが、いい笑顔です。
親世代だと、1画面、1画面が真剣勝負のようですね。
そして電話番号や住所など、基本的な情報を入力し、アカウントの作成も完了!


「アカウントを作れたことによる喜びの舞」だそうです。よかったね。


アカウントが登録できたら、いよいよ出品。

まずはメルカリアプリを開き、画面下部にある「出品」ボタンをタッチ!


「写真を撮る」をタッチすると


カメラが開くので、商品を撮影!


商品が魅力的に見える様に並べてパシャり。失敗しても何枚でも撮れます。

どう? 結構カンタンじゃない?

うん。画面の指示通りに押していけばいいし、わかりやすいよ。アプリの文字もギリ読める大きさかな。

なんか、こう…服屋の店員さんになったみたいで気分あがるわ


思ったよりもサクサク進んでよかった

写真を撮ったら、「商品のジャンル」や「販売価格(好きな金額に設定できる)」、「商品の説明」を入力していけばいいよ

OK、説明文は今書いてるからちょっと待って

え? 待って待って? お父さんもしかして…

商品説明文の下書きを書いてるの!?

うん。スマホに入力するとき、打ち込みに失敗したら怖いし

マジか…


実際に父が書いた「説明文の下書き」

今回、一番の衝撃でした。スマホの入力が怖くて下書きまでする人間は初めて見た。
スマホでの文章作成に慣れていない両親にとっては、文字入力もハードルのひとつのようです。

※メルカリには「下書き保存」機能があるので、スマホ上で文字入力を間違えても修正できます。また、文章を一度に入力しなくても休み休みできます。


家族で入力に不備がないかをチェックした説明文


出品完了しました!

※本出品は記事公開時には、出品を取下げておりますのでご了承ください。

初出品おめでとう!

いやー、教わりながらだったのもあるけど、思ったよりも難しくないね

服を良い感じに撮影するの、楽しかったわ

おぉ~、よかった


売れますように!

というわけで、無事、両親たちは自宅の不要品を出品できました。
売れるかどうかは置いといて、楽しみながらデジタルツールに触れてくれたので良かったです。

 

そして翌日

おぉ~~~い! 凄い、凄いことが起きた!

どうしたの!?

「いいね!」がついてた!

お!よかったね

私のワンピースにも「いいね!」ついてた! 嬉しいわぁ~

そっか、両親はTwitterやInstagramもやったことがないから、人生で初の「いいね」になるのか…


人生初の「いいね」体験ではしゃぐ両親

「いいね!」がついたからと言って絶対売れるとは限りませんが、「いいね!」で大喜びする両親、大切にしたい……メルカリに限らず「いいね!」はデジタルならではのたのしみですよね。普段、知らない人からいきなり褒められたりすることはあまりありませんし。

※「いいね!」:自分が出品した商品を欲しいと思った人が購入を検討するためにチェックしておく機能。出品した側は自分の出品物にいいね!が付いているかを確認できます。

さらに数時間後

おぉ~~~い!

売れたー!

マジかよ!


信じられず顔を見合わせる両親

売れて嬉しい体験してもらいたかったので、販売価格はかなり安めに設定して出品しましたが…まさか翌日に売れるとは。


梱包して、発送準備をします。

メルカリには「メルカリ便」という、近くのコンビニ、郵便局やヤマト運輸営業所から、発送できる方法があります。もちろん、家まで集荷してもらうこともできます。

実家から徒歩10分の場所にファミリーマートがあるので、今回は「らくらくメルカリ便」で送りました。伝票の宛名書きがなかったり、購入した相手に自分の住所などの連絡先を匿名で送れたりするのが、デジタルサービスならではのスマート感があり、とても便利です。

まとめ:両親にメルカリを使って、不要品を整理してもらったら、楽しんでくれた

 

父の感想

まず、この話を聞く前はデジタルって手続きとかすごく面倒で、特にアナログ派の父は操作がとにかく難しいと思っていました。しかし今回の経験してみてなんとかできると感じました。メルカリでは、最初の出品登録ができたときは感動ものでした。デジタルって、苦手な意識があったけど、安心安全! 目から鱗! よかった!レベルアップしたかな?

母の感想

デジタルというと、無理だーできないーと思っていました。YouTuber?も見てみたいのに諦めていました。でも、今回の企画のおかげでアプリとかインターネットとか、そういうものに対して苦手意識が少し無くなった気がします。誰かからの「いいね」がついたとき、有名人になった気分でした。超楽しかったよ。いえ~い!

 
デジタルツールをほとんど使って来なかった両親に初めてメルカリを使ってもらいましたが、感想を読む限り、結構楽しんでくれたようです。
おすすめした僕としては、メルカリをはじめとしたデジタルツールが両親のくらしのスパイスになってくれたなら嬉しいですね。

 
当初はデジタルを敬遠していた両親も、いざ教えると目を輝かせて使ってくれました。
デジタルに疎い人には誰かがそばで使い方を教えてあげたり、なるべく自分ごとしやすい話題とつなげて、デジタルに興味を持つきっかけをつくることが大切だと感じました。もし、僕が教えなければ両親は、ずっとデジタルに食わず嫌いなまま過ごしていたでしょう。

何か困ってることない? と聞いてみると、思ってもない悩みを打ち明けてくれて、それをデジタルの力で解決できるかもしれません。デジタルの日の「#デジタルを贈ろう」は、今後そういうきっかけづくりの日として盛り上がっていけると良いですね。


ちなみにこれは今回、自分の中で一番の掘り出し物だった「熱燗温めマシーン(30年ぐらい前の商品)」です。

このレトロ感、良い……ッ!

 

<おわり>

執筆:たかや 編集:ノオト

メルカリのデジタルの日2021特設サイト公開中!

「デジタルなくらしをもっとたのしく」をテーマに、どなたでもデジタルを活用し、くらしをたのしくするメルカリの取組みを紹介しています。