水彩画

基本の道具を見つける

これがないと始まらない!
水彩画に必要な基本の道具を見つけましょう。


  • 水彩絵の具

    水彩絵の具

    透明水彩と不透明水彩の2種類があります。繊細な絵を描くなら前者、厚みある絵を書くなら後者を選んで。

    水彩絵の具を探す

    検索に役立つ関連ワード


    • 水彩絵の具


    • ○色


    • 透明


    • 不透明


  • スケッチブック

    スケッチブック

    水彩絵の具の専用紙を選びましょう。荒目・中目・細目など、紙目の粗さで選ぶと絵に深みが増しますよ。

    スケッチブックを探す

    検索に役立つ関連ワード


    • スケッチブック


    • 水彩紙


  • 筆

    水彩絵の具で使うなら、筆先に弾力があるタイプがおすすめです。あとは、好みの細さで選んでみて。

    筆を探す

    検索に役立つ関連ワード



    • 水彩


    • 太さ


    • 素材


  • 筆洗い

    筆洗い

    たっぷりと水が入るタイプを選びましょう。水を入れる部分が2つ以上あると、筆をきれいに洗えます。

    筆洗いを探す

    検索に役立つ関連ワード


    • 筆洗い


    • 水彩


    • バケツタイプ


  • パレット

    パレット

    定番はプラスチック製ですが、色の染み付きが気になるならホーローやアルミタイプをチョイスしましょう!

    パレットを探す

    検索に役立つ関連ワード


    • パレット


    • 水彩絵の具


    • ○色


    • ホーロー


  • イーゼル

    イーゼル

    野外で書くなら軽いもの、室内なら少しどっしりしたものが◎。持ち運びに便利な折りたたみタイプにも注目!

    イーゼルを探す

    検索に役立つ関連ワード


    • イーゼル


    • 水彩絵の具


    • 素材


    • 折りたたみ



hajimeru


hajimeru

水彩画をはじめたら

  • 美的センスアップ
  • いつもの風景が違って見える
  • 誰かに描き方を教えたくなる?

もしも趣味が続かなくなったら? メルカリで出品してみよう!

も〜っと充実させるなら

「もうちょっと買い足したい」「充実させたい」ならば、
こちらのアイテムはいかがでしょうか?


  • ウェス

    ウェス

    道具の手入れに欠かせないウエス(雑巾)は、吸水性が高く、毛羽立ちが少ないタイプを選びましょう。

    ウェスを探す

    検索に役立つ関連ワード


    • ウェス


    • 雑巾


    • 水彩絵の具


  • マスキングテープ

    マスキングテープ

    1ミリ程度から5センチのものまで、サイズはさまざま。いわゆる模様付きのマスキングテープとは異なります。

    マスキングテープを探す

    検索に役立つ関連ワード


    • マスキングテープ


    • 水彩


    • 幅○センチ


  • 額縁

    額縁

    紙など厚みがないものを入れるなら、厚紙がついた額縁がイチオシ。フレームは、絵の雰囲気に合わせてみて。

    額縁を探す

    検索に役立つ関連ワード


    • 額縁


    • 水彩画


    • ○サイズ



はじメル一覧にもどる