【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

使わなくなった香水の正しい捨て方は?活用方法も合わせて解説

使わなくなった香水の正しい捨て方は?活用方法も合わせて解説

買ったものの途中で使わなくなってしまった香水。不要になったので処分したいと思っても、香水はどのように捨てたらいいのかわからないという方も少なくないでしょう。そんな方に向けて、この記事では、香水の正しい捨て方や活用する方法をご紹介します。

使わなくなった香水はそのまま捨ててもいいの?

3つの香水の瓶

多くの香水には、アルコールが使われているため、そのまま捨てるのは危険です。また香水ボトルは、ガラスやプラスチック、金具、スプレーのチューブなど、さまざまな部品が使われているため、それぞれ捨て方が異なります。

香水の中身をそのまま流しやトイレに流すと、排水口を傷める原因ともなりかねませんし、強いニオイが残るのでおすすめできません。

そのため使わなくなった香水は、そのまま捨てるのではなく、パーツを分解してから捨てるようにしましょう。

香水の正しい捨て方

香水の瓶と花

香水はそのまま捨てられないので、パーツごとに分解する必要があります。ここでは、パーツの分解方法と、正しい捨て方をご紹介します。

香水を捨てる準備に必要な物

香水を捨てるための準備に必要な物は、以下の通りです。

  • ニッパー
  • マイナスドライバー
  • 新聞紙
  • 軍手
  • 布やティッシュペーパー
  • 密閉できるビニール袋

香水を捨てる際は、パーツごとに分ける必要があるため、ニッパーやマイナスドライバーを用意します。ケガをしないように軍手をはめ、床が汚れないように新聞紙を敷くのがおすすめです。

手順1. 香水ボトルを開ける

香水ボトルは、中身が漏れるのを防ぐためスプレー部分が簡単に開かないようになっていて、キャップをひねるだけでは取り外せません。そこで必要になるのが、ニッパーとマイナスドライバーです。

香水ボトルのスプレー部分の下にある金具の下側から、マイナスドライバーを差し込み、テコの原理で浮かせます。隙間ができたら、ニッパーを差し込んで、金具部分に縦の切り目を入れます。

金具部分がゆるんだら、ケガしないように気をつけながら、金具を外していきましょう。

香水ボトルのなかには、シリコンが使われているものもあります。その場合は、隙間にマイナスドライバーを差し込んでから、テコの原理でぐいぐいと押し上げると、取り外せます。

手順2. 香水の中身を捨てる

香水の中身を捨てる際に、最もポピュラーで安全なのは、紙に香水を染み込ませて、ゴミとして出す方法です。ビニール袋に丸めた紙を入れて、中身を少しずつ流し込めば、こぼれることなく簡単にできます。

しっかりとビニール袋の封をすると、ニオイも抑えられます。

手順3. 中身とボトル、キャップを分別してゴミに出す

中身とボトル、キャップをパーツごとに分けられたら、後はそれぞれの方法で捨てましょう。

たとえば中身は燃えるゴミ、ボトルは不燃ごみや割れ物、スプレーの中部や、金具、シリコン栓などは可燃ごみとして出せます。

ゴミの分別方法は、自治体によって異なるので、それぞれのルールに従って、ゴミ出しをしてください。

不要になった香水を活用する方法

テーブルの上に置いてあるルームフレグランス

香水の中身が残っている場合、すぐに捨ててしまうのはもったいないでしょう。そこで、ここでは香水として使う以外のリメイク方法をご紹介します。

ルームフレグランスにする

香水は香り付けするアイテムなので、ルームフレグランスとしても活用できます。可愛い瓶に入っている香水なら、容器をそのまま再利用してもおしゃれです。

香水をルームフレグランスとして使う場合は、スプレー部分を取り外し、無水エタノールを入れます。最後にディフューザー用のスティックや竹串を数本刺せばOKです。

無水エタノールの量は、様子を見ながら調節しましょう。

ルームフレグランスは、「香りが好きな香水なので捨てたくない」という方におすすめの再利用方法です。部屋を好きな香りにすることができます。

バスアロマにする

お湯を張ったバスタブに香水を数滴垂らせば、バスアロマとして使えます。いつも通りお風呂に入る際にひと手間加えるだけで、リッチなバスタイムが楽しめます。

たくさん入れすぎると、香りがきつくなりすぎるので、数滴ずつ垂らしていくのがポイントです。

フリマアプリに出品して他の方に使ってもらう

好みに合わないなど、中身を多く残したままいらなくった香水は、フリマアプリで他の人に使ってもらうのがおすすめです。

香水は温度変化などによって劣化が早く、1年で使い切るのが理想とされているので、使いかけであれば早く売ることが大切。

1年未満なら、希望の価格で買い取ってもらいやすいでしょう。

使いかけの香水でも、フリマアプリなら自分で値段設定ができるため、買取業者よりも高値で売れることも珍しいことではありません。

少しでも高値で売りたい場合は、フリマアプリを利用するのが良いでしょう。

もし香水を開封して1年経過しているものなら、中身を空にしてからボトルだけを売る方法もあります。香水ボトルはおしゃれなものが多く、空き瓶でも買いたい人はいるため、思わぬ金額で売れる可能性もあります。

メルカリなら使いかけの香水でも出品できる

手に香水を吹きかける人

使いかけの香水を売りたいなら、フリマアプリの「メルカリ」がおすすめです。メルカリなら簡単に出品できることに加え、ユーザーが多いため出品するとたくさんの方の目に触れて、売れる確率が高いです。

香水の写真を撮影して、価格や説明文を入力するだけなので、メルカリを使ったことがない方でも簡単に出品できます。

また万が一トラブルがあった場合も、メルカリではサポート体制が充実しており、事務局によるサポートが受けられ安心です。

初めてのメルカリの出品が不安なら『メルカリ教室』で学ぼう

メルカリ教室の授業イメージ

メルカリに出品するのは簡単だといっても、初めてメルカリを利用する方にとっては、やはり不安になることがあるでしょう。

そんな方におすすめなのが、『メルカリ教室』です。メルカリ教室とは、参加費無料で認定講師からメルカリについて学べるサービスのことです。

メルカリアプリの使い方から、出品、梱包、発送などを丁寧にレクチャ―してくれるので、受講後には不安なくメルカリが利用できるようになります。

メルカリ教室は対面教室とオンライン教室があり、どちらも内容に差はないため、利用しやすい方を選んで参加してみてください。



不要になった香水は捨てずにメルカリで次の方に譲ろう

テーブルに置いてある香水の瓶

香水はアルコールが含まれているため、そのまま捨てることができません。捨てる際には、パーツを分解したり、中身を紙に染み込ませるなど、事前に適切な処理をする必要があります。

ただメルカリに出品すれば、捨てる準備も必要なく、お金に替えられます。一つだけももちろん、不要な香水が複数ある場合も、メルカリの出品は簡単なので、手間がかかりません。

メルカリの出品に関して不安があるなら、メルカリ教室に参加してみてください。認定講師にメルカリの出品方法を基本から学んで、スムーズな取引を実現させましょう。