生前整理からバンドグッズ収集まで!60歳以上限定座談会in大阪レポート メルカリサロンVol.6

メルカリサロン初の大阪開催!当選倍率16倍!

こんにちは、運営チームのkumamiです。

3/19(火)に、60歳以上限定座談会(メルカリサロンVol.6 )をはじめて大阪で開催しました!

12月に東京オフィスで開催し、大好評だった60歳以上限定座談会。

今回は、20名ほどの募集に対して、なんと320名以上の方にご応募いただきました!みなさん本当にありがとうございました。

関西人は商売上手だった!?

初の大阪開催ということで、まずは全国の利用動向についてお話しました。

メルカリの都道府県別の年間販売額と購入学を調査したところ、特に大阪や兵庫、和歌山など近畿地方は販売金額は上位にランクインしているのですが、購入ランキングでは21位、34位、31位とランキング圏外ということがわかり、近畿地方の地域性がでた結果に。会場にいた皆さんは納得の様子でした!

十人十色の「私のメルカリライフ」

メルカリの活用方法や楽しみ方について、事前にトークをしてくださる方を募集し、当日は3名の方にみなさんの前でお話いただきました。

退職後の生活が楽しくなりました  赤坂さん(63歳) 京都府

小学校の教員をされていた赤坂さんは、退職後にお家の片付けをはじめたのですが、大切にしていたものを捨てることはできずメルカリをはじめました。

街のフリーマケットなども含めて「ものを売る経験」をしたことがなかった赤坂さんですが、メルカリで簡単に出品し、すぐに売れたときにビビビッと電気が走るような喜びを感じたそうです。

これまでの取引件数は300件を超え、「全国各地の購入者の宛先を書くたびに、日本中の方とのつながりを感じました」とお話しいただきました。

ハンドメイドで夫婦円満  宮本さん(71歳) 奈良県

宮本さんは、ご夫婦で畳のコースターなどのハンドメイドの作品をつくり出品しています。

奥さまと「今日はあれを発送しないとね」「さっきこの商品が売れたよ!」など朝から夜までメルカリについて会話をしているそう。おかげで会話が増えて夫婦円満です!とお話してくれました。

また、毎日発送のために郵便局に通う中で局員の方と会話もするようになり、メルカリでこのコースターを出品していると話したがきことっかけで、約60人の方の前でワークショップの講師をしたそうです。実際に出品しているコースターをもってきてくれて、運営メンバーにプレゼントしてくださいました。ありがとうございます!

おばあちゃんでも怖くないよ 福田さん(69歳) 大阪府

福田さんは、ご両親が遺した荷物の片付けにとても苦労をし、自分のこどもには同じような思いをさせたくない!と感じて、生前整理でメルカリをはじめました。

「おばあちゃんの私にもできるのかな?クレームが来たらどうしよう?」と始める前は不安に思っていたそうですが、出品してみるととてもスムーズでトラブルもなかったそうです。

その後、300件以上の取引を行う中で「片付け」そのものが趣味になり、メルカリで片付け本を買って実践し、読み終わったらまたメルカリで売っているそうです。

友達たちもメルカリに興味をもっているけどなかなか踏み出せない人が多いのでもっと多くの人に使ってもらいたいなと教えてくれました。

そして最後に「メルカリに感謝する機会がなかったので直接お礼を言いたかったんです。今日は本当にありがとうございます。」と言ってくださりとても嬉しくなりました。

付箋に活用方法を書いてディスカッション!

発表のあとは、テーブルごとに付箋ではじめたきっかけや活用方法を共有しました。みなさん、本当にさまざまな楽しみ方をしてくれています。


銀杏BOYZグッズを集めまくり!

ある方は、2年前に銀杏BOYZというバンドにハマったことがきっかけでメルカリをはじめたそう。ファンになってからの年数が短くても、メルカリには10年以上前の銀杏BOYZグッズや、掲載雑誌などが売られているので、たくさん集めているそうです!

ファン同士のコミュニケーションも楽しいとも教えてくれました。

好きなものをつくって、出品できるのがたのしい!

また、ある方は、イラストと文字を組み合わせた掛け軸やパネルなどを自作して出品されているそうです。「工房で販売してるときは売れたら同じものでも何個も制作する必要があったんだけど、メルカリなら作りたいものをつくって売るからとっても楽しいんです。」とお話いただきました。

約2時間の座談会でしたが、あっという間に終了の時間がきました。意気投合してお互いのメルカリアカウントをフォローし合ったり、それぞれの作品をきっかけにお話したりしている方も。

また、私たち運営メンバーに「ありがとう」と声をかけてくださる方が多かったのもとても印象的でした。記念写真をいっしょに撮って、またぜひ遊びに来てくださいとお見送りしました。

東京、大阪と開催している60歳以上限定座談会ですが、これからも全国いろいろな土地でさまざまな「メルカリライフ」を聞いていきたいなと思います!

ご参加いただいたみなさま、ご応募いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

郵便局内に無料のメルカリ梱包コーナー!「つつメルすぽっと」の実証実験が始まりました

このたび、メルカリと日本郵便株式会社が連携し、首都圏5か所の郵便局でメルカリ梱包コーナー「つつメルすぽっと」の実証実験を開始しました。

今回は「つつメルすぽっと」の現場レポートをお伝えしたいと思います!

「つつメルすぽっと」とは?

郵便局の中に、無償で使える梱包資材を用意し、メルカリで売れた商品をそのまま郵便局に持っていくだけで発送可能な梱包コーナーです。

現在、首都圏5か所の郵便局(立川郵便局、光が丘郵便局、八千代郵便局、国立郵便局、美浜郵便局)に設置中です。

「つつメルすぽっと」のご利用方法

  1. 出品する際の配送方法に「ゆうゆうメルカリ便」を選択します
  2. 商品が売れたら、「つつメルすぽっと」が設置されている首都圏5か所の郵便局に、売れた商品を梱包せずに持っていきます
  3. 郵便局に設置された「つつメルすぽっと」で、適切なサイズの梱包資材(「ゆうパケット」用)を選びます
  4. 「つつメルすぽっと」で、商品の梱包をします
  5. 梱包した商品に「ゆうプリタッチ」で出力した伝票を貼り、発送します

※「ゆうパック」サイズの梱包資材はご自身でご準備いただくか、または郵便局でご購入いただきます。

※ゆうゆうメルカリ便とは

実際にお客さまに体験していただきました

3月14日(木)に、光が丘郵便局にメルカリサロンに参加しているお客さま5名にお集まりいただき、実際に「つつメルスポット」を体験していただきました。
(メルカリサロンとは、メルカリの楽しさやノウハウを共有・発信し合うコミュニティです)

メルカリで売れた商品を「つつメルすぽっと」のコーナーで梱包します。宅配用ビニール袋と、ゆうパケット用の箱を無料でご利用いただけます。緩衝材やテープなども取り揃えていますよ。

梱包した商品に「ゆうプリタッチ」で伝票を出力して貼り、窓口でゆうゆうメルカリ便で発送します。

お客さまからこんな感想をいただきました!

「平均で1件あたり約150円の梱包費がかかるので、無料で梱包できるならこれからは郵便局を使いたい!」
「ぜひ試験にとどまらず、本格的にサービスを始めて欲しい」

今後は、この実証実験の結果を踏まえて展開地域の拡大を検討していく予定です。

ぜひ、立川郵便局、光が丘郵便局、八千代郵便局、国立郵便局、美浜郵便局の近隣にお住まいの方は「つつメルすぽっと」をお試しください!
なお、各郵便局の梱包資材がなくなり次第終了しますのでご留意ください。

【3/19(火)】60歳以上限定の座談会@大阪!参加者募集!メルカリサロンVol.6

メルカリの楽しさやノウハウを共有・発信し合うコミュニティ「メルカリサロン」の座談会参加者を募集します。

今回はメルカリサロン初!大阪での開催。テーマは前回大盛況だった「60歳以上限定」の座談会です。

前回のイベントの様子

メルカリは10代〜80代以上まで幅広い年代の方にご利用いただいていおり、60歳以上の方々の売買も盛んになってきています。昨年12月に東京で開催した「60歳以上限定」の座談会には、200名以上の方にご応募いただき、とても熱量の高いイベントとなりました!

今回は、初の大阪開催で再び「60歳以上限定」のメルカリ座談会を行います!

ぜひ、ご参加いただき、みなさまの活用方法や出品・配送のコツなどについてお茶会のような雰囲気でお話しませんか?
こんな方からの応募をお待ちしています!

  • 趣味のコレクションを好きな人に譲りたい
  • 生前整理で家にある物を処分したい
  • 家族と一緒にメルカリをもっと活用したい

ご応募はこちらから

開催概要

  • 日時:3月19日(火)11:00〜13:00(開場10:45)
  • 場所:大阪府大阪市 梅田駅周辺 (詳細は当選者にお知らせします)
  • 募集期間:2月26日(火)〜 3月4日(月)
  • 募集人数:20名程度(応募者多数の場合は抽選となります)
  • 参加費:無料

応募方法

参加希望の方は、下記をご確認いただいた上で、応募フォームよりご応募ください。

  • 60歳以上の方
  • 当日はメディアの取材が入る可能性があります。応募フォーム内にて撮影許諾を質問させていただきます。
  • 応募者数が一定の人数に満たない場合、イベントを開催しないことがあります。

※3月8日(金)までに、抽選の結果を入力いただいたメールアドレスにお送りいたします。ご応募いただいた時点では、参加確定ではございませんのでご了承ください。

ご応募はこちらから

前回の60歳以上限定座談会の様子

前回の60歳以上限定座談会の様子(動画)

メルカリサロン Vol.4 60歳以上限定座談会のイベントレポート

当日「私のメルカリライフ」をお話しいただける方も募集中!

イベント内では、来場いただいた方の前で「メルカリの活用エピソード」をお話いただける方も募集しています。

  • メルカリを使いだしてから○○○なコトがあった!
  • 私の活用術をぜひ参考にしてほしい!
  • メルカリで○○○な取引をしています!

など、活用方法や体験談とっておきのコツなどをぜひ教えてください!当日、来場いただいた方の前で5分ほどお話しいただきます。

我こそは!という方は、応募フォームの「私のメルカリライフに応募する」の項目よりご応募ください。内容を拝見の上、3月8日(金)までに登壇可否についてご連絡させていただきます。

ご応募はこちらから

注意事項及びお願い

  • 本イベントに参加するためには、以下の注意事項に同意していただく必要がございます。注意事項をよく読んで、同意のうえお申込みください。お申込みいただいた場合、注意事項に同意したものとみなされます。
  • お申込の際にご提供いただくお客さまの情報は、本イベントに関するご連絡その他本イベントを実施する目的で利用する他、プライバシーポリシーに従って適切に取り扱われます。
  • 本イベントではTV・新聞・インターネット等の取材、撮影が入る可能性があり、お客さまが映り込む可能性がございます。また、当社の広報活動で利用させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントは抽選制となります。本イベントに参加する権利を、第三者に譲渡することはできません。お申込内容は正確にご記入ください。
  • 本イベントは天災その他やむを得ない事情により、中止又は変更されることがあります。

最高齢は80歳!「60歳以上限定」のメルカリサロン Vol.4を開催しました

こんにちは、運営チームのkumamiです。
メルカリが好きな方々と集まるイベント「メルカリサロン」は、12月5日におかげさまでVol.4を開催しました。今回のテーマは、60歳以上限定!

全国各地から200名近い方にご応募いただき、抽選の結果25名の方にお越しいただきました。
名古屋や神戸からこのイベントのために東京に来ていただいた方もいて、大盛況で幕を閉じました!

60代以上の方は「レコード」「美術品」など趣味に関連するものを出品

メルカリといえば20代や30代の方が多くご利用いただいているイメージかと思いますが、実は最近は50代や60代以上のご利用者さんも増えてきています。

以前のメルカリの調査では、50代以上の方はこんな商品をよく取引しているとわかりました。

出品カテゴリーランキング
1位:レコード
2位:美術品
3位:ゴルフ

また、自宅内の不要品の価値総額から算出する「かくれ資産」は、日本全国で37兆177万円にも上り、一人あたりの「かくれ資産」は60代女性で約50万円で他の年代と比べて高いことがわかっています。

出展:フリマアプリ「メルカリ」、初となる50・60代の利用動向を発表

日本のかくれ資産総額 37兆177万円

今回のイベントでも、この話題にみなさん大きくうなずいていました。

参加者のほとんどが取引件数100件以上

参加者のみなさんにはまず3つのテーブルに分かれて座っていただき、自己紹介タイムです。「メルカリでよく取引するもの」をテーマにメルカリのプロダクトマネージャーやカスタマーサービスのメンバーも一緒に進行していったのですが、みなさん想像以上に活用してくださっていて驚きました!

  • 実家にある両親の遺品(大量のレコードなど)を出品している方
  • 譜面台をハンドメイドで制作し、出品している方
  • 生前整理として洋服や食器などを出品している方
  • アマチュア落語をやっていて、高座にあがるときの着物をメルカリで購入したり出品している方

などなど、幅広く活用してくれています。

また、参加者のほとんどの方が取引件数100件以上で、中には700件近い方もいらっしゃいました。

活用術やご要望がたくさん集まりました

そのあとも引き続き、付箋をつかったワークショップで「活用方法」「知りたいこと」などについて話しました。みなさん本当にたくさん書いてくれました。一部をご紹介したいと思います。

メルカリ活用術

活用術の一部

◆ぬいぐるみを出品するときにサイズ感がわかるようにペットボトルを一緒に写す
→サイズ比較できる画像、とても素晴らしいですね!cm(センチ)でもイメージがつきにくいこともあるので、おなじみのものと一緒に写っているとより想像しやすいですね。

◆圧縮袋で送料節約
→圧縮すれば3cm以内に収まってゆうパケットなどで送りやすくなることもありますよね。洋服などはシワや折り目がつきやすくもなるので、購入者の方にひと声かけたり予め説明文に記載して活用するととても良いです♫

◆故障した物でも欲しい人はいるので、捨てる前にまず出品してみる
→パーツに分解して利用する方やコレクションしている方などもいるので、動作しないということを明記して出品してみるのもいいですね!

メルカリへの要望

たくさんのご要望も集まりました

◆空気に触れると膨らむ梱包材が欲しい!
→梱包材の種類、確かにもう少しバラエティがあるといいですね。

◆ゆうゆうメルカリ便の「ゆうパケット175円」の次の価格が「60サイズ 600円」なので、その間が欲しい!
→こちらもよくご要望いただきました。中間のサイズがあると嬉しいかも…!

◆クレジットカードの種類を増やして欲しい。特にアメックス。
→12/5の昼間にいただいたご要望なのですが実はこの日の18時にアメリカン・エキスプレスのカード決済に対応をしました!すぐにお応えできて嬉しいです。

メルカリで嬉しかったこと

「ありがとう」と言っていただけて嬉しい!

◆お品物を買って下さった方が、とても喜んで下さり、御礼にとお菓子を送ってくださいました。とても嬉しかったです。

◆ありがとうメルカリ便♡

◆発送時に必ずお手紙を添えます。心の交流が楽しい。

イベントは約1時間30分の開催でしたが、開場から終わりまでずっとみなさん会話が盛り上がり続け、楽しんでいただけました。

参加者の方からは「同年代のメルカリ利用者といっしょに話しをすることができてとても楽しかった」「メルカリの人と楽しく話すことができてよかった」といった感想をいただけて、運営メンバーもほっと胸をなでおろしました。

イベントの反響も数多くいただき、第二回や東京以外での開催もできるといいなと考えています。みなさま本当にありがとうございました。

50人以上のお客さまとメルカリについて熱く語り合う!#メルカリサロン Vol.3 開催しました

お客さまの声をじっくり聞く会に

こんにちは。運営チームの石川です。11月29日に、東京オフィスで「メルカリサロン Vol.3」を開催しました。

今回で3回目となるこのイベントでは、メルカリをご愛用いただいているお客さまからこれまでに以上にご意見をお聞きする場にしたいと思い、メルカリの機能開発に携わるメンバーや、メルカリ事業を統括している執行役員も参加し、少人数のテーブルでじっくりお話をうかがいました。

今回は、なんと600名近くの方からご応募いただき、抽選の結果54名のお客さまにご参加いただきました。参加者の方は、取引件数が100件以上の方々がほとんどで、7,000件以上の方までいらっしゃいました。

はじめにメルカリ執行役員の 田面木(たものき)より「カスタマーサポート出身ということもあり、お客さまの声を聞くのが大事だと思っています。今回は集まっていただいてダイレクトに話が聞ける貴重な機会だと思っているので、で忌憚(きたん)のない意見を聞かせてください」と、ごあいさつ。

飛び入り参加もありの「私のメルカリテクニック」共有

続いて、お客さまから公募した「私のメルカリテクニック」の発表をしていただきました。

広告代理店出身の徳富さんからは「広告ライターが教える売れる紹介文の書き方」というテーマで発表いただきました。
女性に購入してもらうためには、写真だけでは伝わらない素材感、サイズ、季節感などをできるだけ丁寧な言葉で説明し、流行りのワードなどを入れるなどの工夫が必要だといいます。
また紹介文は「1.ブランド名と商品名、2.商品の色味、3.サイズ、4.素材感・コーデ例・シーン、5.商品の状態」の5つのポイントを押さえるのが重要だそうです。

次に、エンジニアの西脇さんは、3Dプリンターを使ったモノづくりによるメルカリの活用方法をご紹介。趣味の熱帯魚の水槽用のグッズなど、ニッチなものを3Dプリンターで制作し、メルカリで販売しているそうです。
3Dプリンターがあれば自ら「多品種小量生産のメーカー」になることができると話し、制作した商品に対してもコメントで購入希望者から要望が上がってくるので、とことんそれに答えることに醍醐味を感じているとお話いただきました。

また飛び入り発表タイムでは、梱包や配送のテクニックの紹介、国産の中古カメラを修理している方の経験談、中学生の息子さんがフリーマーケットで譲ってもらった小物を出品しお小遣いをGetしているエピソードなどをご紹介いただきました。

その後、メルカリのプロダクトマネージャーの國分から、メルカリのプロダクトのサービス改善についてプレゼンテーションを行いました。
最近実施した改善施策として、こんなお話をしました。

また今回のイベントの参加者だけに、今後の機能改善内容についてもご紹介しました。

各テーブルでの座談タイム

そして、各テーブルにメルカリのメンバーが加わり、座談タイムへ。
ここで機能のリクエストや、普段の使い方など、様々な話が意見交換が行われました。

田面木も一緒に、お客さまの声に耳を傾けます


こんな要望が集まりました!

今回お客さまからいただいたいただいたご意見やご要望等を一部ご紹介します。

  • 取引件数やコメントのスピードなど、貢献度がわかるようなバッジをプロフィールにつけて欲しい
  • 商品の写真だけではなく、動画もアップできるようにして欲しい
  • 一度つけた評価を、後からできるようにしてほしい
  • 出品した商品を並び替えたい
  • 値下げ交渉禁止を表明する手段が欲しい
  • 出品者ページの商品一覧に出品中のものとSOLDのものが混在しているがSOLDは下にまとめて欲しい
  • いいねをしてくれた人のプロフィールを見にいけるようにして欲しい

イベントに関する感想は下記のようなコメントをいただきました。

  • いろんな人の意見を聞けてよかった
  • 自分は取引が多いほうだと思っていたけれど、もっとすごい人がたくさんいた
  • 運営に伝えたかったことを全て言えた!次回も参加したい
  • 自分の知らないニッチな世界がたくさんあって、勉強になった
  • 他社のイベントにも参加したことがあるが、比較してもフレンドリーで話しやすかった

テーブルでの座談会では、話し足りないぐらいの勢いで盛り上がっていて、メンバーもお客さまも話し足りないといった雰囲気でした。

最後に田面木からも「お客さまから色々な話を聞くことができました。こういったイベント形式でお客さまの声を聴くというのは初めての試みだったが、まるでメルカリの社員とプロダクト改善について話しているような熱い気持ちになりました。改めて、みなさまのメルカリへの愛を感じ、みなさんのおかげでプロダクトは成り立っているのだと改めて感じました。今後もこういったイベントはガンガンやっていきたいです。」と締めました。

本当にメルカリに対して強い想いを持っている方々に集まっていただき、貴重なご意見をたくさん聴かせていただくことができました。
皆さまの声を受け止め、今後もよりよいメルカリを創っていきたいと思います!

そしてまたこのようなイベントを開催していきたいと思います。次回こそは!という方はこのお知らせブログでご案内していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

「入れるメルカリ」フォトブースも大人気!でした