【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

フィギュアの捨て方・処分方法|正しく、賢くさよならするには?

フィギュアの捨て方・処分方法|正しく、賢くさよならするには?

コレクションが多くなりすぎたり、熱が冷めたりして、フィギュアの処分を考えている方も多いのではないでしょうか。フィギュアはゴミとして捨ててしまう以外にもいくつか処分方法があります。この記事では、フィギュアの捨て方・処分方法や注意点を詳しく解説します。

フィギュアの正しい捨て方

動物のフィギュア

フィギュアを処分する方法はいくつかありますが、まずはゴミとしての捨て方を押さえましょう。ゴミを捨てる際は分別が必要で、フィギュアについても同じです。

自治体のルールに合わせてフィギュアや内箱、外箱などを正しく分別し、指定の曜日に捨てましょう

捨て方の基本を理解したところで、捨てる際に気を付けるポイントを詳しく解説していきます。

自治体のルールに合わせて分別する

ゴミの廃棄に関するルールは、自治体によって異なります。燃えるゴミや燃えないゴミなどに該当するものや廃棄できる曜日などが変わるので、しっかりルールを確認しましょう。

フィギュアはプラスチック製のものが多く、基本的には燃えないゴミです。箱に入っている透明な型も燃えないゴミで、外箱は燃えるゴミに分類されます。パーツに本体と異なる素材が使われている場合は、それらも分別が必要です

フィギュアや付属品の素材、自治体のルールの両方をチェックして、正しく分別を行いましょう。

大きいフィギュアはなるべく分解する

サイズの大きいフィギュアを1枚のゴミ袋に入れようとすると、入りきらなかったり、飛び出して中身が見えたりするなど、上手くいかないことが多いです。

なるべく分解することによって、他のゴミと一緒にゴミ袋に入れることができます。思い入れのあるフィギュアの場合は、無理やり分解するのは心が傷むので、取り外しできるパーツだけ分解するのがおすすめです。

とがった部分のあるフィギュアは保護する

フィギュアのデザインや付属品によっては、とがっている部分があるものもあります。そのまま捨てると、回収するときにゴミ袋が破れたり、回収する人の身体を傷つけてしまうなど、トラブルの原因になるため注意が必要です。

プチプチ(エアキャップ)や新聞紙などでとがっている部分を保護し、怪我などが起きないように配慮しましょう

フィギュアを見られたくないときは見えにくい袋を使う

自治体指定のゴミ袋は基本的に透明なので、中身が見えやすくなっています。フィギュアもそのままだと見られてしまうので、周りの目が気になる場合は中身が見えない袋を使用しましょう。

透明ではない袋で包んでからゴミ袋に入れれば、中身がバレることは少ないです。使用できる袋がないときは、他のゴミで隠すようにしてゴミ袋に入れると良いでしょう。

捨てる以外のおすすめ処分方法3選

スマホを触る手

フィギュアを整理・処分したいものの、ゴミとして捨てるのは気が引ける人も多いのではないでしょうか。そのような人には、捨てる以外の3つの方法をおすすめします。

  • フィギュアの買取店で売る
  • 譲ったり寄付したりする
  • オークションやフリマアプリで売る

それぞれの特徴を押さえて、自分に合った方法でフィギュアを処分しましょう。

フィギュアの買取店で売る

フィギュアは、アニメファンや特撮ファンなど、さまざまな人から人気があるので、中古でも需要があります。レアなフィギュアや付属品が揃っているフィギュアは価値が高く、思わぬ価格で売れるかもしれません。

幅広い商品を取り扱っているリサイクルショップだと価格が低くなることがあるので、フィギュア専門の買取店がおすすめです。フィギュアの状態や相場などに関する知識を持っている分、正しく査定してもらえます

店舗によっては事前査定ができるので、まずはどのくらいで売れるのか調べてみましょう。

譲ったり寄付したりする

フィギュアを集めている友人や知人が身近にいる場合は、大切なフィギュアを譲ることも考えてみましょう。同じ趣味を持った人に譲るのは安心感があり、フィギュアにとっても嬉しいはずです。

周りにいない場合は、SNSを活用して、欲しい人を募る方法もあります。趣味を発信しているユーザーが多いため、ぴったりの人が見つかるでしょう。

また、フィギュアを病院や保育園などの施設に寄付するのも処分方法のひとつです。おもちゃを必要とする人に使ってもらえるので、小さな社会貢献になります。

ホームページの案内や問い合わせで確認し、受け付けているようであれば寄付してみましょう。

オークションやフリマアプリで売る

貴重なフィギュアは、ネットオークションやフリマアプリで高値で売れるかもしれません。どちらも自分で価格設定できるので、希望の価格で売りやすいのが魅力です。

売れるまで時間がかかることもあるので、どうしてもすぐに処分したいフィギュアには向いていません。

オークションとフリマアプリのいずれかなら、気軽に利用できるフリマアプリがおすすめです。スマホだけで商品を出品でき、フィギュアを探している人と気軽に取引できます。

フリマアプリは数多くありますが、中でもメルカリが便利です。簡単な操作で出品や取引のやり取りができ、ユーザー間のトラブルが起きないようにサポートが充実しています

ユーザー数はフリマアプリの中でトップクラスであるため、より多くの人に商品を見てもらえるチャンスがあるのも特徴です。

フィギュアをメルカリで処分するなら、まずはメルカリ教室へ

メルカリ教室の授業イメージ

フィギュアをゴミとして捨てる際は、自治体のルールに合わせて正しく分別・廃棄しましょう。フィギュアのサイズに応じて分解したり、とがったパーツを保護したりするなどの配慮も大切です。

捨てる以外の方法もあり、買取店やオークション、フリマアプリで売ったり、友人や知人に譲ったり、施設に寄付したりすることも可能です。

フリマアプリのメルカリを使うなら、まずはメルカリ教室に参加するのがおすすめです。実店舗またはオンラインにて、認定講師とアプリを操作しながら、メルカリの使い方を学べます。

出品や梱包、発送などの基本を学べるので、フィギュアをスムーズに売れるようになるでしょう。無料で実施しているので、ぜひメルカリ教室に参加してみてください。