【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

自転車を高く買い取ってもらうためには?4つのコツとおすすめの売却方法をご紹介

自転車のタイヤ

使わなくなった自転車を手放したいと思っても、どのようにしたらいいか迷ってしまう方も多いでしょう。できる限り高い値段で買取してもらうためには、いくつかコツがあります。ここでは、押さえておくと良いコツや、おすすめの売却方法などをご紹介します。コツを押さえて自転車を手放し、気持ちもスペースもスッキリさせましょう。

自転車を高く買い取ってもらうためのコツ

自転車と本

せっかく自転車を手放すのであれば、できる限り高く買取してもらえると嬉しいです。そのためには、自転車の状態を正確に把握することが何よりも重要です。

その他にも、押さえておくべきコツがあるので、それぞれ詳しくご紹介します。

メーカーや製造年を確認する

自転車の基本情報でもある、メーカーや製造年を把握しておきましょう。

自転車は、メーカーや製造年によって買取価格が大きく変わってきます。この2つの情報を確認しておくと、適正な買取額なのか判断をする材料にもなります。

汚れを落とす

もし、自転車が汚れている場合は、先にキレイにしておきましょう。できる限りキレイにしておくことで、買い取る側に良い印象を与えることができます。

また、汚れやサビを落としておくことで、動作不良がないかなど、自転車の状態を正しく把握することもできます。

汚れている自転車より、汚れやサビが少なくきちんと動作する自転車は、買取価格も高くなります。

状態を確認

落ちない汚れやサビ、傷がある場合は、買い取る側に正確に伝える必要があります。

動作に不具合がある場合も、先に伝えておかないと後でトラブルになる可能性もあります。無用なトラブルを避けるためにも、自転車の状態を事前にきちんと確認しておきましょう。

自転車の買取方法

二台の自転車

自転車の買取方法には、出張買取、リサイクルショップなどに持ち込む、宅配買取、フリマアプリなどを使って自分で出品するなどの方法があります。

・出張買取
出張買取は、専門の買取業者が自宅などに買い取りに来てくれます。

お店に行く時間がない、自転車を運ぶ手段がないなど、お店に持ち込むのが難しい場合に利用すると便利です。

・お店への持ち込み
リサイクルショップや、自転車の買取業者に自分で自転車を持ち込む方法です。

持っていくとその場で査定、買取をしてくれる場合が多いので、すぐに手放したい人や現金化したい人におすすめです。

・宅配買取
宅配買取は、自転車を買取業者に配送するため、お店が近くになくても利用できます。自転車を送るための梱包材は、買取業者から提供される場合が多いです。

自分で梱包をする手間はありますが、配送は宅配業者が引き取りに来てくれるので、自宅から一歩も外に出ることなく、買取が完了します。

・フリマアプリなどを使って自分で出品をする
フリマアプリを利用すると、出品する商品の金額を自分で決めることができます。

コツを押さえれば、出品してすぐに売れる場合もあります。

フリマアプリで出品する場合は「メルカリ」がおすすめ

メルカリのロゴ

自転車をフリマアプリで出品する場合は、「メルカリ」を利用するのがおすすめです。

メルカリはすでに使っている人も多く認知度もあるので、自転車を中古で探している人の目に留まる確率がが高いというメリットがあります。

また、『梱包・発送たのメル便』というものがあり、宅配業者が集荷に来てくれます。

80サイズ~450サイズまでの商品に対応しており、自転車などの大きな商品もきちんと梱包してくれるため、とても楽に出品ができます。

メルカリの利用にはメリットが多いですが、メルカリの利用方法がわからず躊躇してしまうという方もいるでしょう。

その場合は、メルカリが開催している『メルカリ教室』を利用するのがおすすめです。

メルカリ教室とは?

メルカリ教室の授業イメージ

メルカリ教室とは、メルカリの出品方法や、梱包・発送のコツなどを、メルカリの選任講師が教えてくれるサービスです。

全国各地にある実店舗と、スマートフォンやパソコンで参加できるオンライン形式の2種類があり、どちらも無料で受講可能です。

実際に出品したいものや梱包方法がわからないものを用意して参加すれば、その場で講師が直接レクチャーしてくれます

小さな疑問にも丁寧に答えてくれるので、気になることは遠慮なく質問しましょう。

メルカリ教室の開催場所や日時は下記のリンクから確認できますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

出品前にしておいた方が良いこと

自転車の後タイヤ

実際に出品する際に、気をつけておくべきポイントをご紹介します。スムーズに出品するために、確認しておきましょう。

タイヤに空気を入れておく

出品用の写真を撮る前には、タイヤに空気を入れておきましょう。フリマアプリに出品する際に載せる写真は、買う側からすると、とても重要な情報になります。

その際に、タイヤに空気が入っていない写真を使ってしまうと、見栄えが悪く、その他の状態が良くても希望価格で売れない可能性もあります。

タイヤに空気が入っているか確認し、もしパンクしている場合は修理しておきましょう。

防犯登録は解除しておく

自転車は、手放す前に防犯登録を解除しておく必要があります。

買った人が防犯登録をしようとしても、解除されていないと、防犯登録ができません。防犯登録を解除した後は、譲渡証明書を作成し、自転車に同梱します。

譲渡証明書は、各自治体ごとに様式が異なる可能性があるので、その場合はダウンロードして記入します。

自身の住所や連絡先の他に、車体番号やメーカー名、防犯登録番号などを記入する様式が多いです。正確に記入し、作成しましょう。

コツを押さえてメルカリで出品してみよう

メルカリに出品する際は、自転車の状態や情報を正しく把握し記載することで、不要なトラブルを防ぎ、高く売ることができる可能性があります。

また、メルカリであれば、梱包や配送の方法に悩む必要もありません。

出品の際の疑問や不安も、メルカリ教室を利用すると、認定講師に確認することができます。アプリの操作も一緒にしてくれるので、自信を持ってして出品ができるようになるでしょう。

メルカリ教室を利用して、自転車を出品してみてはいかがでしょうか。