【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

使わなくなったヘルメットの処分方法5選!おトクに手放す選び方

ピンクのヘルメット

ヘルメットは、バイクや自転車に乗る際に利用したり、工事現場や自然災害から頭を守る役目があります。今回は、使わなくなったヘルメットの処分方法や処分時の注意点、リサイクルや売る方法について解説します。

使わなくなったヘルメット、どうしたら良い?

ヘルメットはそう頻繁に処分するものではないため、いざ使わなくなった際の処分方法に困ってしまうことは多いのではないでしょうか。
まず、ヘルメットの耐用年数はおよそ3年~5年だといわれています。それを踏まえたうえで、自身にあった処分方法・リサイクル方法を決めましょう。

防災用にとっておく

仕事やバイクで活躍していた愛着のあるヘルメットを、使わなくなったからといって処分してしまうのは勿体ない……そんな方におすすめなのは、ヘルメットを防災用に取っておくことです。

日常使いしなくなったとしても、ヘルメットを防災用に残しておくことで、急な災害時に大きな衝撃から頭を守ってくれます。また、バイクのフェイスヘルメットは、火災の現場でも顔や頭部を守り、大きな怪我の防止にもなります。

しかし、災害用にヘルメットを残す場合は以下3つのことに注意しましょう。

  • 以前、そのヘルメットの着用時に転倒し、頭・ヘルメットを打っている場合
  • 使用頻度が多く、内装のスポンジ・あごひもにダメージが見られる場合
  • ヘルメットを装着時に、元々きつかった内装のウレタンが緩くなった場合

たとえ耐用年数の3~5年を超えていなかったとしても、ガタがきていたり、使用頻度が高く心配な点がある場合は、災害用に使うのは控えましょう。

自治体で廃棄する

ヘルメットを自治体でゴミとして廃棄する場合は、「燃やすゴミ?燃えないゴミ?」そう悩む方は多いでしょう。ヘルメットは自治体によって区分が違うため、確認が必要です。

また、ヘルメットの大きさが直径30cm以上の場合は「粗大ゴミ」に分別されます。

粗大ゴミの場合は、自治体のホームページや粗大ゴミ受付センターに問い合わせをして、コンビニまたはスーパーで有料のゴミ処理券を購入します。ゴミ処理券をヘルメットに貼り付け、指定の日時、場所に持って行きましょう。

不用品回収門業者に渡す

たとえいらなくなったヘルメットでも、大体のものは不用品回収業者が引き取ってくれます。破損しているものでも、引き取ってくれる場合がありますが、事前に業者に確認をしておくことをおすすめします。

また、不良品回収業者に他の不用品もまとめて回収してもらうことも可能です。そのため、部屋の整理がてら、ヘルメット以外の不用品もあわせて引き取ってもらうことをおすすめします。

フリマアプリに出品する

フリマサイトでは、多くの種類のものが常日頃から売買されていますが、いらなくなったヘルメットもフリマサイトで手放すことができます。

使わなくなったものでも、おトクに売買ができることが特徴ですが、出品方法や包装の仕方が分からないといと利用を躊躇してしまう方も少なくありません。

フリマアプリの「メルカリ」でおトクに処分

メルカリのロゴ

安心・安全に始められるフリマアプリといえば、「メルカリ」です。メルカリは、数多くのフリマアプリの中でもトップクラスのダウンロード数を誇っています。。2021年にはダウンロード数は8,000万回を超え、フリマアプリで堂々の一位となっています。

また、手厚いサポートを受けられることや、数多くのカテゴリーを抱えていること、初心者でも簡単に操作ができることが「メルカリ」が人気の理由です。

出品に不安があるなら、メルカリ教室を活用してみよう

メルカリ教室の様子

「メルカリが、初心者に優しいフリマサイト・アプリだとわかったけれどまだ不安……」
そんな方におすすめなのが「メルカリ教室」です。

メルカリ教室はオンライン、または店舗で無料で受けられる、メルカリへの不安や出品のためのノウハウが学べる講座です。認定講師が、利用者の不安を解消します。

初心者におすすめ 60分講座【登録編】

  • メルカリとは?
  • メルカリはなぜ安心で安全なの?
  • メルカリのアカウント作成方法・登録方法
  • メルペイの説明と設定

出品するにあたり不安がある方におすすめ 90分講座【出品実践

  • 出品をするうえでの基本
  • 出品実践
  • 包装や発送の方法
  • 売れた後の売上金・メルペイの使い方

メルカリならお得にヘルメットを手放せるかも?

今回は、使わなくなったヘルメットの処分方法と、処分しない場合の手放し方、おすすめのフリマアプリをご紹介しました。

もういらなくなったヘルメットも、処分の仕方次第ででおトクに手放すことができます。ぜひ、今回の記事を参考に、必要なくなったヘルメットを「自身にあう方法で」手放しませんか。

「メルカリ」を活用することでおトクに売買もできるので、この記事を参考に出品してみましょう。もしも、出品に不安を感じたら、ぜひメルカリ教室を活用してみてください。