【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

どう処分したらいい?|おすすめのベッドの捨て方5選

どう処分したらいい?|おすすめのベッドの捨て方5選

ベッドはかなり大きな家具なので、不要になったからといって簡単に捨てることが難しいアイテムです。この記事では、ベッドの処分方法ついて、メリット・デメリットとともにご紹介します。参考にして、自分に合った方法を選んでみて下さい。

ベッド処分の方法5選

ベッドを触る人

ベッドの処分には、以下のようなやり方があります。

①粗大ごみとして捨てる

「ベッドの処分」と聞いて真っ先に思い浮かぶ方法が、ゴミとして捨てる方法です。

自治体に廃棄処分をお願いする場合、規格・サイズによらず、ベッドはすべて「粗大ごみ」扱いになります。

「分解して捨てることで粗大ごみ扱いにしない」という方法もありますが、自治体によっては「粗大ごみを分解して燃えるごみとして捨てること」を禁止しているところがあるため、事前に確認が必要です。

粗大ごみとして出す際の費用は、自治体、ベッドのサイズによって異なりますが、3,000円程度を見積もっておけば良いでしょう。

粗大ごみとして出す方法のデメリットは、処理費用が掛かることと、家の外に搬出するための手間がかかることの2つです。

②引っ越し業者に回収してもらう

引っ越しに合わせてベッドを買い替えるというような場合には、引っ越し業者に引き取ってもらうえる場合もあります。

業者によって対応が異なりますので、引越代金見積もりの段階で不要品処分に対応してくれるか、有償・無償どちらの対応になるかを確認しておきましょう。

忙しい引っ越し時期に不要品を処分してもらえるほか、粗大ごみとして家の外に搬出する手間が省けるので、便利です。

一方、引っ越しのタイミング以外では利用できないというデメリットもあります。

③不要品業者に回収してもらう

不要品を自宅まで引き取りに来てくれる業者がいます。こうした業者に引き取りをお願いするという方法です。

インターネットなどで検索して、自宅まで引き取りに来てくれる業者に連絡を取りましょう。

あとは事前に打ち合わせた日時に業者が家までやってきて、ベッドを引き取り・処分してくれます。

手間もかからず、どのようなタイミングでも処分可能という大きなメリットがありますが、反面、手数料は高めになる傾向にあります。

また、この方法を選ぶ場合は、業者の選定が重要になるでしょう。

④慈善団体に寄付

介護用ベッドやベビーベッドなど、特殊なタイプのベッドであれば、NPO法人で受け入れをしてくれているところもあります。

こうした「一時的にのみ使う」「購入するとそれなりの値段になる」ベッドは、かなり高い需要があるため、非常に喜ばれます。

ただし、上で挙げたような特殊なベッド以外は受け入れしていないことも多いです。

⑤リサイクルショップやオンラインフリマで買い取ってもらう

街にあるリサイクルショップに買い取ってもらう方法や、オンラインフリマを活用して売るという方法も取れます。

ほかの方法は処分のために費用がかかるケースが大半ですが、これらの方法であれば、買い取ってもらったものがお金に変わります。

デメリットとしては、壊れているものは売れないという点と、自分で家から搬出するのが大変という2点です。

まだ使えるベッドを処分するならメルカリがおすすめ!

メルカリのロゴ

壊れて使えないベッドを無償で引き取ってもらうには、引っ越し時の業者引き取りをお願いするのがおすすめです。引っ越す予定がない場合や、出来るだけ早く処分してしまいたい場合には、粗大ごみで処分してしまうのが早く、コストも低いと言えるでしょう。

一方、まだ使えるが不要になったというものは、メルカリで売るのがおすすめです。

メルカリでベッドを売る最大のメリットは、梱包・発送をまとめてお願いできる「梱包・発送たのメル便」が使えるという点です。

「梱包・発送たのメル便」でらくらく配送!

フリマアプリでベッドを売るときの最大のネックは、自宅から搬出する方法でした。大型家具を傷つけないように搬出するのは、やはり素人には難しいものです。

メルカリの「梱包・発送たのメル便」は、商品が売れたあと、集荷業者が自宅まで来てベッドを梱包・発送してくれるというサービスです。

配送料はその分高めになってしまいますが、ベッドがそれなりの価格で売れれば、十分利益になります。

メルカリでの出品方法がよく分からない……そんな人にはメルカリ教室

メルカリ教室の授業イメージ

メルカリで出品する際、不慣れな人にはやり方が分からないことも多くあります。そこでおすすめしたいのが、メルカリ教室です。

メルカリ教室では、出品の基本的な流れから、商品をより魅力的に見せて買ってもらいやすくするコツ、発送の方法、売上金の管理など、メルカリの出品に関する内容を幅広く教えてくれます。

また、出品に関する疑問についても答えてくれます。

対面授業とオンライン授業から選べる

メルカリ教室は、対面授業とオンライン授業の2種類から選んで受講可能です。

対面教室であれば、パソコンやスマホの操作が苦手な人であっても、商品を持ち込んで発送方法について質問できるため、その場で疑問を解決することができます。

ベッドの場合は実際に持ち込んで聞くことが難しいため、あらかじめ複数の角度から数点の写真を撮っておき、ベッドの寸法を測ったうえで参加すると良いでしょう。

具体的にどのような角度で写真を撮ったら良いか、商品の詳細説明欄にどのようなことを書けば喜ばれるかなどについて直接教えてもらうことで、実際に出品する際にスムーズに行なうことができるようになります。

講師はメルカリ認定で安心。しかも無料

メルカリ教室は、メルカリ公式が認定している講師が講義を担当してくれます。

内容が充実しているにもかかわらず、無料で受けることもできるという点も、大きなメリットです。

メルカリで出品の経験がある人でも、より売れやすくするためのコツを知ることができる内容になっていますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。



ベッドの処分に困ったらメルカリで売ることを検討しよう

ベッド

壊れてしまっているベッドは捨てるしかありません。その場合、もっとも安上がりになる方法は粗大ごみとして自治体に引き取ってもらうことでしょう。

自力で家の外に運び出すのが難しい場合は、業者を利用するのがおすすめです。ただ、まだ使えるベッドであれば、売れる可能性は十分にあります。

売れそうなベッドであれば、ぜひメルカリの「梱包・発送たのメル便」を活用して売ることを検討してみてください。

メルカリでの出品方法が分からない場合は、メルカリ教室を活用しましょう。