【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリの売上金を出金する方法は?現金化のやり方と注意点をチェック

メルカリの売上金を出金する方法は?現金化のやり方と注意点をチェック

メルカリで不要品を売ったときに得られる売上金は、申請をすることで現金として受け取ることができます。しかし、申請期限や手数料など分からないことが多く、不安な方も多いのではないでしょうか。この記事では、メルカリで出金する方法や注意点を解説します。

メルカリの売上金を出金する方法

スマホを見る女性

メルカリの売上金を含む残高を出金するには、振込申請が必要です。申請を行うことで、登録した銀行口座に現金として振り込まれます。

振込申請の方法は、スマートフォンアプリ版のメルカリを使っている場合と、WEBサイト版のメルカリを使っている場合で異なります。

アプリ版・WEBサイト版別に、メルカリの売上金を出金する手順をチェックしておきましょう。

アプリから振込申請する場合

  1. メルペイ >「振込申請」をタッチ
  2. 振込先の口座情報を入力し、「次へ」をタッチ
  3. 口座情報を確認し、「はい」をタッチ
  4. 「振込申請金額」の「例)¥1,234」をタッチ
  5. 振込したい金額を入力
  6. 「お急ぎ振込」の「選択してください」をタッチ ※メルペイ残高を出金する場合、ゆうちょ銀行以外は選択不要です
  7. お急ぎ振込を利用する場合は、「お急ぎ振込を利用する」をタッチ
  8. 「確認する」をタッチし、申請内容を確認後「振込申請をする」をタッチ

アプリ版メルカリの「振込申請」の項目は、メルペイ画面の下部にあります。

また、振込をしたい金額を入力するときは、必ず振込手数料を含めた金額を入力してください

残高が200円以下の場合は、振込申請することができません。振込手数料は都度200円発生します。

WEBサイトから振込申請する場合

  1. マイページ > 売上金・振込申請 > 振込申請して現金を受け取るを選択
  2. 振込先口座情報を入力し、「次へ」をクリック
  3. 「振込申請金額」の「例)¥1,234」をクリック
  4. 振込したい金額を入力
  5. 「確認する」をクリック
  6. 申請内容を確認後「振込申請をする」をクリック

アプリ版メルカリと同じく、振込をしたい金額は振込手数料を含めた金額を入力してください。

メルカリの振込申請ができない理由は?

パソコンを操作する人

これまでご紹介した手順通りに進めても振込申請ができない場合は、出金できない理由があるのかもしれません。

振込申請ができない方は、以下に該当するかどうかを確認してみましょう

  • メルカリに登録した氏名と口座情報が一致していない
  • 氏名のフリガナを全角カタカナで入力していない
  • 氏名のフリガナを間違って登録してしまっている(例:ヤマザキ→ヤマサキなど)
  • 氏名もしくは口座名義に空白(スペース)が入力されている
  • 小文字表記を大文字にしている(例:ヤマダリョウ→ヤマダリヨウなど)
  • 本人確認中または審査結果が不承認となっている

メルカリで出金するには、本人名義の銀行口座を登録する必要があります。メルカリに登録した氏名と口座名義が合っているかを今一度確認してください。

なお、結婚などで姓が変わった人については、現姓の本人名義の口座でないと振込申請ができません。

また、登録した銀行口座の情報が間違っていないかも要チェックです。氏名が正しく入力されているか、余計な空白や誤入力がないかを確認しましょう。

本人確認がまだの方や、本人確認中の方も振込申請ができません。本人確認が済んでから振込先口座を登録してください。

本人確認の結果、不承認となった方は再度本人確認書類をメルカリに提出しましょう。再提出時に気を付けるべきポイントは、以下からチェックしてみてください。

アプリでかんたん本人確認が不承認となった場合 – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

どの理由も該当しないという方は、メルカリ事務局に問い合わせをしましょう。事務局が適切に対応してくれます。

売上金の出金方法が分からない…そんなときは「メルカリ教室」へ

メルカリ教室の授業イメージ

「メルカリで商品が売れたけれど、売上金の出金方法が分からない」「メルカリの売上金って出金以外で使い道はないの?」など、さまざまな疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、細かな疑問も一つずつ解決できる『メルカリ教室』です。

メルカリ教室では、売上金の出金に使うメルペイの使い方について説明してもらえます。メルカリの認定講師が丁寧に説明してくれるので、初めてメルカリの出金に挑戦してみるという方でも安心です。

さらにはメルカリで売れるコツも教えてもらえます。「売上を伸ばしたい!」とお考えの方は要チェックです。

メルカリ教室は、お近くの実店舗やオンラインで受講できます。特にオンライン教室は毎日開催しており、自宅から好きなタイミングで受講可能です。

ご興味のある方は、ぜひ下記のリンクから詳細をご確認ください。



売上金を出金するときに注意したいポイント

スマホを持つ人

メルカリの売上金を出金するとき、いくつか注意すべきポイントがあります。

売上金を無駄にしないためにも、メルカリの出金時に気を付けるべき3つのポイントを押さえておきましょう。

売上金には振込申請期限がある

メルカリの売上金には、振込申請期限があります。売上に計上されてから180日以内に振込申請をしなければいけません

振込申請期限までに売上金を利用しなかった場合は、メルカリに登録した振込申請口座に自動的に振り込まれます。

ただし、メルカリに振込申請口座を登録していない場合は、売上金が失効してしまうので注意が必要です

もし売上金が失効してしまったときは、振込申請口座を登録したうえでメルカリ事務局まで連絡してください。失効した売上金が戻ってくる可能性があります。

振込申請用の口座を登録しておけば、振込申請期限が過ぎても売上金が失効することはありません。あらかじめ口座の登録を済ましておくと良いでしょう。

振込手数料がかかる

振込申請をした場合、振込手数料がかかるので注意が必要です。

振込手数料は、振込先の金融機関や申請金額に関わらず都度200円が発生します。売上金を含む残高の金額が200円以下の場合は、振込申請を行うことはできません。

ちなみに、売上金はまとめて振込申請をすることも可能です。振込手数料は一律200円なので、売上金はある程度貯めてから振込申請をしたほうが手数料の節約になります。

それでも振込手数料がもったいない!と感じる方には、メルカリが提供するスマホ決済サービス「メルペイ」の残高にするのがおすすめです

少額の売上もメルペイ残高にしてしまえば、振込手数料不要で売上金を買い物などに利用できます。

現金化まで時間がかかる場合がある

振込申請はメルカリの振込スケジュールに基づき振込を行っています。振込申請期限内に振込申請をした場合でも、すぐに出金できる訳ではないので注意しましょう。

振込までの日数は、ゆうちょ銀行へ振り込む場合と、ゆうちょ銀行以外へ振り込む場合で異なります。詳細なスケジュールについては下記をご参照ください。

【ゆうちょ銀行を利用している場合】

振込申請が完了した曜日0時00分〜8時59分の申請9時00分〜23時59分の申請
月曜日木曜日金曜日
火曜日金曜日月曜日
水曜日月曜日火曜日
木曜日火曜日水曜日
金曜日水曜日木曜日
土曜日木曜日木曜日
日曜日木曜日木曜日

【ゆうちょ銀行以外を利用している場合】

振込申請が完了した曜日0時00分〜8時59分の申請9時00分〜23時59分の申請
月曜日火曜日水曜日
火曜日水曜日木曜日
水曜日木曜日金曜日
木曜日金曜日月曜日
金曜日月曜日火曜日
土曜日火曜日火曜日
日曜日火曜日火曜日

振込申請完了日から振込日までの間に祝日・年末年始を挟んでいると、振込日がその日数分だけ後になります。振込申請は余裕を持って行いましょう。

メルカリの売上金をすぐに出金したい!という方は、お急ぎ振込の利用がおすすめです。お急ぎ振込を申し込むと、最短翌営業日に売上金が振り込まれます。

なお、お急ぎ振込のスケジュールは下記をご参照ください。

  • 営業日0時00分~営業日8時59分に振込申請を完了した場合:翌営業日に振込
  • 営業日9時00分~営業日23時59分に振込申請を完了した場合:翌々営業日に振込

ゆうちょ銀行への振込申請のみ、お急ぎ振込が選択可能です。WEBサイト版のメルカリでは利用できないため、アプリ版のメルカリで振込申請をしてください。

また、通常の振込手数料に加え、別途お急ぎ振込の手数料(200円)がかかります。

出金方法と注意点を理解して、売上金を賢く使おう

スマホとカードを持つ人とパソコン

メルカリの売上金を出金するには、振込申請を行う必要があります。振込申請には期限があったり、振込手数料がかかったりと注意点もあるので、この記事でご紹介した注意すべきポイントを踏まえたうえで振込申請に挑戦してみてください。

ひとりで振込申請をするのが不安な場合は、メルカリ教室の受講がおすすめです。売上金の出金方法やメルペイの仕組みをしっかり学べます。この記事やメルカリ教室で出金方法を学び、メルカリの売上金を賢く活用しましょう。