【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

不要な雑誌の捨て方・処分方法は?自分に合った方法で賢く手放そう

いらなくなった雑誌を処分したいと思うものの、捨て方で悩んでいる人もいるのではないでしょうか。この記事では、雑誌の捨て方・処分方法の種類や注意点、さらに ただ捨てるだけではないお得な方法もご紹介します。

雑誌の処分方法はシーンで考えよう

紐でまとめた雑誌

自宅にある雑誌が不要になった際、捨てるだけでなくさまざまな処分方法があります。雑誌の処分方法は、大きく分けて次の4つです。

  • 資源ごみとして捨てる、もしくは古紙回収センターへ持ち込む
  • 譲ったり寄付したりする
  • 本の買取店やリサイクルショップで売る
  • フリマアプリに出品する

処分方法によって異なるメリットがありますので、比較しながら自分にぴったりな方法を見つけてみましょう。

資源ゴミとして捨てる、もしくは古紙回収センターへ持ち込む

雑誌をゴミとして処分する場合は、「資源ゴミ」として自治体に回収してもらいましょう。

燃えるゴミの日に出すこともできますが、資源ゴミとして出すことで、ただ単にゴミとして処分されるのではなく、大切な紙資源を再利用することで環境への負担も軽減できます。

自治体によってゴミの出し方は異なりますので、お住まいの地域のルールに従って雑誌を指定の回収場所に出してください。

また、雑誌は資源ゴミの日に出すだけでなく、古紙回収センターに持ち込むこともできます。古紙回収センターであれば、自分の都合に合わせて利用できるので、自治体の回収日に合わせるのが難しい方や、大量に雑誌や本などを処分したい方におすすめです。

譲ったり寄付したりする

雑誌の状態が良い場合は、家族や友達にあげたり、団体や図書館に寄付するなど譲ったり寄付するなどしても良いでしょう。

図書館では、残念ながら雑誌の寄贈を受け付けていないところも少なくありません。いきなり持ち込むのではなく、事前に電話などで寄贈が可能か確認した上で持ち込むようにしてください。

買取店やリサイクルショップで売る

状態の良い雑誌であれば、買取店やリサイクルショップで買取してもらうことも可能です。高値での買取は期待できませんが、わずかでもお金に変えられるのは嬉しいもの。

店舗によって雑誌の買い取りを受け付けていないこともあるので、事前に買い取りが可能か確認してから持ち込むようにしましょう。

フリマアプリに出品する

雑誌を少しでもお金に変えて処分したいようでしたら、フリマアプリへの出品も検討してみましょう。

フリマアプリは自分の売りたい値段で販売できるので、買取店やリサイクルショップよりも高く売れやすい傾向があります。

フリマアプリを利用したい場合は、日本最大級のフリマサイト『メルカリ』の利用がおすすめです。『メルカリ』は利用者が多いため、雑誌の購入を希望する人とマッチングしやすく、すぐに購入に繋がるメリットがあります。

メルカリ便であれば匿名配送が可能なのでプライパシーを守って安全に取引できるのも嬉しいポイントです。

雑誌を売ってお金に変えたい方は、ぜひ『メルカリ』を活用してみてください。

雑誌をメルカリに出品するなら、メルカリ教室を活用しよう

メルカリ教室の授業イメージ

雑誌をメルカリで売りたい場合は、メルカリ教室で基本を学んでから出品するのがおすすめです。

メルカリ教室では、基本的なアプリの使い方から出品・梱包、発送までを、メルカリ認定講師から直接学ぶことができます。

メルカリを利用するうえでわからないことがあれば、講師にその場で質問できるので、雑誌を売るときの疑問点をすぐに解決することが可能です。

参加費は無料で、実店舗に加えてオンラインでの受講も可能なので、ご自分のタイミングに合わせて気軽に参加できます。

メルカリの利用が初めての方だけでなく、すでにメルカリを利用している方も利用できますので、ぜひ一度メルカリ教室を受講してみてください。



雑誌はシーンに応じて適切な方法で処分しよう

雑誌

雑誌を処分したい場合は、「資源ごみとして捨てる、もしくは古紙回収センターへ持ち込む」「譲ったり寄付したりする」「本の買取店やリサイクルショップで売る」「フリマアプリに出品する」という方法で、手放したり売ったりすることができます。

雑誌の状態が良い場合は、日本最大級のフリマサイト『メルカリ』で出品するのがおすすめです。

メルカリの利用が初めての方や、使い方に不安を感じる方は、ぜひメルカリ教室に参加して不安を解消してから雑誌を出品してみてください。