【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

ぬいぐるみを処分する4つの方法|不要になったらメルカリで出品!

ぬいぐるみを処分する4つの方法|不要になったらメルカリで出品!

自分や子供が年齢を重ね、不要になったぬいぐるみ。そんなぬいぐるみを処分したいものの、愛着があるからこそ処分方法がわからずに悩む方も少なくないでしょう。この記事では、ぬいぐるみを処分する方法を解説。また、そのなかでもとくにおすすめしたいメルカリへの出品についてご紹介します。

ぬいぐるみを処分する4つの方法

ぬいぐるみを持つ子供

まず、ぬいぐるみを処分する一般的な方法は、以下の通りです。

  • 燃えるゴミに出して処分する
  • 友人や知人にゆずる
  • 業者に引き取ってもらう
  • リサイクルショップやフリマアプリで売る

それぞれ詳しくご紹介します。

燃えるゴミに出して処分する

ぬいぐるみを処分する方法として、最もポピュラーな方法が、自治体の燃えるゴミとして出すことです。ほとんどの自治体で可燃ゴミとして出せることが多いですが、別の方法で出さないといけない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

たとえば、装飾などがある場合はパーツを取り外して分別する必要があったり、大きなぬいぐるみは粗大ゴミの対象になったりします。

各自治体の公式サイトや広報誌などで確認できます。

友人や知人にゆずる

必要としている友人や知人がいるなら、その方にぬいぐるみをゆずるのもひとつの方法です。愛着のあるぬいぐるみを引き取ってもらえ、相手も喜んでくれます。

そのため捨てる前に、子どもがいる方やぬいぐるみが好きな方、そのキャラクターが好きな方などに連絡をして、欲しいものがないかを聞いてみましょう。

ただ、渡すときにぬいぐるみが汚れていると申し訳ないので、ある程度のお手入れをするのがおすすめです。

業者に引き取ってもらう

業者は、引き取りに料金がかかりますが、複数のぬいぐるみをまとめて回収してもらう際におすすめの方法です。電話やネットで依頼すれば自宅まで回収に来てくれるので、持ち込みや箱詰めをする必要がありません。

依頼するとすぐに引き取りに来てくれるので、引っ越し前にも便利です。

リサイクルショップやフリマアプリで売る

不要になったぬいぐるみは、リサイクルショップやフリマアプリで売れば、お金に替えることが可能。ただフリマアプリで売る場合は、写真を撮影したり、商品説明を入力したり、発送手続きをしたりする手間が少しかかります。

こちらの方法だと多少の手間がかかるものの、お金に替えることができます。

フリマアプリなら自分で値段設定ができるため、リサイクルショップよりも高値で売れる可能性があります。

状態がキレイだと買取価格も大幅に上がるので、試してみる価値はあるでしょう。

処分したいぬいぐるみは、メルカリに出品するのがおすすめ

メルカリのロゴ

ぬいぐるみを処分するなら、「メルカリ」を活用するのがおすすめです。メルカリでの出品は、簡単な設定だけでぬいぐるみを売ることができます。

メルカリのアプリ上で、処分したいぬいぐるみの写真を撮影して、価格や説明文などを入力するだけなので、すぐに出品できます。この手軽さも魅力のひとつで、メルカリは最もユーザー数の多いフリマアプリです。

ユーザーが多いため、ぬいぐるみを出品すると必要な方たちの目に触れやすく、売れる確率が高くなります。

また万が一トラブルが発生した場合も、事務局によるサポートがあるので、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

メルカリではじめて出品するなら、メルカリ教室に参加しよう

メルカリ教室の授業イメージ

おうちにある大切なぬいぐるみをメルカリで出品するなら、「メルカリ教室」に参加するのがおすすめです。メルカリ教室とは、認定講師が出品や梱包、発送の仕方やコツなどを教えてくれるサービスです。

参加費は無料です。参加することでメルカリでの出品に関する不安がなくなるので、特にはじめて出品する方におすすめします。

メルカリ教室は対面式教室とオンライン式教室があり、好きな方を選べます。どちらも内容にはそれほど差がないので、参加しやすい方を選んでください。

わからないことがあれば、その場で質問することもできるので、個別の悩みも解決できます。そのため、はじめてメルカリを使いたい方ももちろん、すでに使ったことがある方もぜひ参加してみてください。



メルカリでぬいぐるみを高く売るコツ

洗濯されているぬいぐるみ

メルカリではひと手間加えるだけで、売れる金額が大きく変わることがあります。少しでも高値でぬいぐるみを処分したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

クリーニングしてキレイにする

ぬいぐるみをメルカリに出品する前には、できる範囲でキレイにしておくのがおすすめです。ぬいぐるみに限らず、中古品はキレイな状態の方が売れやすいです。逆にいうと、汚いものを買いたいと思う方は少ないため、買い手がつかない可能性もあります。

洗濯機で洗える素材のぬいぐるみなら洗濯して、できないものに関しては掃除機やブラシなどでほこりを取り除きましょう。

洗濯した場合は、直射日光に当てると色あせてしまう可能性もあるので、風通しの良い日陰で乾かすようにしてください。

まとめて売る

シリーズものや同じアニメに登場するキャラクターなどの場合は、まとめて売ると少し強気の値段設定でも売れる可能性が高くなります。また同じメーカーから出ているぬいぐるみの場合も、まとめて出品するのがおすすめです。

さらにぬいぐるみに付属品や特典があった場合は、それらも揃えた状態で出品するのがポイントです。付属品や特典を揃えることで、買い手がつきやすくなります。

そのため外箱やケース、説明書、パーツなどがある場合は、まとめて出品しましょう。

流行り物は早めに売る

人気のアニメなどのキャラクターのぬいぐるみは、流行っているときに早めに売るのがおすすめです。たとえば、人気アニメの2部が始まる前や、アニメの映画化が決まったとき、再ブームが来たときなどが売りどきです。

流行り物は需要が高いため、高値で売れる可能性が高くなります。

不要になったぬいぐるみはメルカリに出品しよう

ぬいぐるみを箱から取り出す人

不要になったぬいぐるみは、ゴミとして処分したり、知人にゆずったり、業者に引き取ってもらったり、リサイクルショップやフリマアプリで売ったりできます。

そのまま処分したら、手間はかからないものの、1円にもなりません。しかし、リサイクルショップやフリマアプリなら、不要品をお金に替えることも可能です。

少しでも高い価格でぬいぐるみを処分したいなら、自分で値段設定ができるメルカリに出品するのがおすすめです。

もしメルカリの使い方がわからなかったり、不安があったりする場合は、「メルカリ教室」に参加することで、誰でも簡単に出品できるようになります。

メルカリ教室はオンラインと対面で受講できるため、興味がある方は、ぜひ参加してみてください。