【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

【メルカリの売上金】手数料や入金されるまでの日数など、受け取り方法を知りたい!

メルカリの売上金の受け取り方法は?手数料や入金されるまでの日数を知りたい!

メルカリから支払われる売上金は、メルペイにチャージされます。そのまま電子マネーとしても利用できますが、現金化するために銀行口座に送金をすることも可能です。この記事では、銀行口座へ振り込む際の方法や手数料、受け取るまでの日数などの流れや手数料のかからない売上金の使い道などを解説します。

売上金を受け取るまでの流れ

スマホを見る女性

メルカリでは、取引相手と直接現金の受け渡しはしません。売上金はメルカリを通してメルペイへ送金されます。メルカリが売上金を直接銀行口座へ送金するシステムはなく、メルペイから出品者の銀行口座へ振込手続きをします。

銀行口座へ送金

売上金を現金として受け取る場合、つまり、メルカリから銀行口座へ送金してもらうには、振込申請の手続きをする必要があります。振込先の銀行口座はメルカリで本人確認をした同一名義に限ります。

振込手数料は金融機関や申請した金額に関係なく1回200円となっています。そして、メルペイ残高が振込手数料(200円)以下の場合は振込申請することはできません。

振込申請方法は下記の通りです。

  1. アプリのメルペイをタップ
  2. 「メルペイ残高」の売上金額を確認
  3. 同じ画面で下にスクロールすると「振込申請」の項目があるのでそれをタップ
  4. 振込先の銀行口座情報を登録
  5. 現在のメルペイ残高(売上金)から振込金額を入力すると振込手数料を差し引かれた金額が振込金額として自動表示される
    ※「振込日を確認」をタップするとそれぞれの銀行の振込予定日が表示される
    ※ゆうちょ銀行を使っている方で売上金を早く銀行へ振り込んで欲しい場合は、「お急ぎ振込」を利用することをおすすめします。追加の手数料200円を支払うことで対応してもらえます。
  6. 金額と振込日の内容が確認ができたら、「確認する」をタップ
  7. 「振込申請をする」をタップ

これで振込申請は完了です。

売上金は振込申請期限がある!

メルカリでの売上金には、180日の振込申請期限があります。現金化する場合には、180日以内に振込申請をしましょう。

振込申請期限までに売上金を使わなかった場合は、売上金全額から振込手数料 (¥200)を差し引いた金額を、登録している振込先口座へ強制的に振込されます。

このとき、売上金(残金)が振込手数料 (¥200)以下の場合は、失効してしまうため、気を付けましょう。

振込申請ができないときは?

スマホを持つ手

基本的に本人名義以外の銀行口座への振込申請はできません。振込申請の銀行口座は、現姓の本人名義の口座を登録しましょう。以下に振込申請ができない原因と考えられることを記載します。

口座情報の不一致

氏名と口座情報が相違していると、振込申請した時にエラーになります。メルカリに登録した時の氏名と振込口座に登録した名義が違っていないか確認しましょう。

氏名入力方法の不一致

口座名義や氏名を入力する際、機種依存文字やキーボード操作による文字入力の方法で考えられるミスがあります。

  • 小文字表記がある場合に、そのまま小文字で入力されていない
  • スペース(空白)が入力されている
  • 名前のフリガナ登録自体が間違っている
  • 名前のフリガナが全角カタカナで入力されていない ※

※例:(〇)カタカナ「ヘ」(×)ひらがな「へ」
  :(〇)カタカナ「ニ」(×)漢数字「二」

本人確認中または審査結果が不承認となっている

メルカリで本人確認をしている最中だったり、本人確認の審査結果が不承認となっている場合は、振込申請やお支払い用銀行口座の登録をすることができません。

初めてのメルカリでわからないことはメルカリ教室へ

メルカリ教室の授業イメージ

「実際に出品してみようとしたところ、意外にわからないことが多かったことに気が付いたけど、いちいち調べるのは面倒。」「知ってる人に聞いたらすぐ解決できそうな細かい疑問がちらほら出てきた。」「メルカリを利用してみたいけど、二の足を踏んでいる。」

そんな方にはメルカリ教室をおすすめします。

メルカリ教室は無料です!

メルカリ教室は、メルカリ認定講師が受講者と一緒に、実際にアプリを操作しながら出品の流れを学べる無料講座です。アプリの操作を学べるだけでなく、出品から取引完了までの流れや売れるコツも知ることができます。

誰でも無料で参加できるので、気軽に受講できます。近くの店舗で開催される対面式の講座と、自宅から参加できるオンラインの講座があります。どちらも事前に予約が必要です。

メルカリ教室を受けるメリット

メルカリ教室では、メルカリ認定講師に直接質問できるので、わからなくてモヤモヤしていたことや手順の疑問などを、その場ですぐに解決できます。また、メルカリの使い方が流れに沿って学べるるため、初心者の方でも安心して参加することができます。

出品したい商品を持ち込んで、講師と一緒に実際に出品してみることもできるので、メルカリへの出品に不安を抱えていた方も、メルカリ教室に参加後は自信を持って出品できるようになるでしょう。

出品した後の流れも親切丁寧にレクチャーしてもらえるので安心です。



銀行口座へ送金以外の売上金の使い道

コーヒーカップとスマホを持つ人

売上金を銀行口座へ送金する手数料を抑えたいという方もいるでしょう。ここでは、銀行口座への送金以外の、手数料をかけずに売上金を使う方法についてご紹介します。

メルペイ残高にする

基本的に、「支払い用の銀行口座登録」や「アプリでかんたん本人確認」が完了すると、売上金はメルペイ残高に自動移行され、メルペイの電子マネーとして利用することができます。

振込申請期限180日間が無期限になり、自分のペースで売上金が使えるため、現金化にこだわらない場合は、メルペイ残高(電子マネー)として普段の買い物などに利用するのもひとつの方法です。

ポイントを購入

売上金はそのままではメルカリの商品を購入できません。ポイントに変えると購入支払いに使うことができるようになります。1ポイントは1円に換算されます。

売上金は銀行口座へ送金できます

カードを持つ人

売上金を現金化するためには振込申請をする必要があります。申請期限は180日以内なので、振込申請をし忘れてしまうと、時期を過ぎた売上金は失効してしまいます。

そんな予期せぬトラブルを避けるためにも、必ず振込口座を登録しておくようにしましょう。振込先口座を登録していれば申請期限を過ぎてしまっても、振込手数料200円を差し引いた残金が自動で銀行口座へ振り込まれるため安心です。

また、本人確認を完了していれば、メルペイ残高に自動移行が可能なので、そのままメルペイの電子マネーとして利用したり、ポイント購入に利用することも可能です。

売上金の流れを知って出品して得た利益の使い道を考えつつ、メルカリで楽しみながら出品してみましょう。