【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

いらなくなった食器はどうやって捨てればいいの?正しい捨て方とお得な処分方法

いらなくなった食器はどうやって捨てればいいの?正しい捨て方とお得な処分方法

不要な食器があるけど、どのようにして捨てたらいいのかわからない……。食器は、素材によって捨て方が異なります。食器の捨て方に迷っている方に向けて、この記事では、食器の正しい捨て方や、お得に処分する方法をご紹介します。

素材別に見る食器の捨て方

テーブルに並ぶ食器

食器には陶磁器やガラス、金属、木製、プラスチック製などさまざまな素材が存在します。素材によって捨て方が異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

陶磁器・ガラス製の食器

家庭で使う食器でもっとも一般的な陶磁器やガラス製の食器は、不燃ゴミとして扱われます。また自治体によっては、陶器ゴミに分別される場合もあるので、お住まいの自治体のルールを事前に確認しておきましょう。

陶磁器やガラス製の食器は、基本的には不燃ゴミになるため、不燃ゴミの日に出せばOKです。ただ陶磁器やガラス製の食器は割れやすいので、厚紙や新聞紙などで包んで、見えやすい場所に「ワレモノ」や「危険」などと書いて出しましょう。

金属製の食器

金属製のお皿も不燃ゴミの扱いになり、不燃ゴミの中でも金属ゴミとして分別されることが多いです。

金属製の食器を不燃ゴミとして出す場合も、厚紙や新聞紙などで包んで、「金属」と書くようにルールが定められています。

またお皿と一緒に金属製のフォークやナイフを処分する場合は、ケガをする危険性があるため、厚紙や新聞紙などに包んだり、ガムテープを巻いたりしてからゴミに出すようにしましょう。

木製の食器

木製の食器の場合は、燃えるゴミとして捨てられます。燃えるゴミと一緒の袋に入れて、指定日に出せば問題ありません。お皿が割れている場合は、厚紙や新聞紙などで包むなどして配慮することが大切です。

プラスチック製の食器

プラスチック製の食器の場合は、だいたいは不燃ゴミとして扱われますが、自治体によってはプラスチックゴミに分類されることもあります。お住まいの自治体のルールに従って出しましょう。

大きいサイズの食器の場合

素材に関わらず、1辺の長さや直径が一定以上大きいお皿になると、粗大ゴミの扱いになります。1辺の長さや直径は自治体によって異なりますが、30㎝を超える場合は注意しましょう。

オードブル皿などは大きいサイズになるので、粗大ゴミに該当する可能性があります。お住まいの自治体のルールを確認して、捨てるようにしてください。

未使用やまだ使える食器を処分する方法

食器とキッチンクロス

割れてしまったお皿はゴミとして処分するしかありませんが、未使用やまだ使える食器なら、売るという手段も選択できます。不要な食器をお金に替えたいなら、売ることも検討してみましょう。

未使用品やまだ使える食器を処分する方法には、以下の2つがあります。

  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • オークションやフリマアプリに出品する

リサイクルショップに買い取ってもらう

お皿を手軽に買い取ってもらいたいなら、リサイクルショップを利用するのが良いでしょう。自宅の近くにあるリサイクルショップに直接持ち込むか、宅配や出張買取を行っているリサイクルショップに依頼する方法があります。

ただお皿はブランド物や価値が付く物しか買い取ってもらえないこともあるので、一度査定に出して買取可能か確認しましょう。また買取可能なお皿であっても、リサイクルショップによって、買取価格は異なるので、複数の店舗で見積りを出してもらって比較するのがおすすめです。

オークションやフリマアプリに出品する

オークションやフリマアプリなら、リサイクルショップで値段が付かなかったお皿も買い手がつく可能性があります。

またリサイクルショップで値段が付いたお皿でも、オークションやフリマアプリなら、リサイクルショップの見積もりよりも高値で売れる可能性が高いです。

オークションやフリマアプリは、出品や梱包、発送、購入者とのやりとりなどすべてを自分で行わなければいけません。ただ少しでも高値で買い取ってもらいたいなら、オークションサイトやフリマアプリを活用するのがおすすめです。

状態が良いブランド品やセット品なら、買取価格も大幅に上がります。

フリマアプリなら、メルカリに出品するのがおすすめ

メルカリのロゴ

まだ使える食器を買取してもらうなら、メルカリに出品するのがおすすめです。月間利用者が2,000万人を超えるメルカリでは、数多くの方の目に触れる機会があるため、売れる確率が高くなります。

また相場を確認しつつ、自分で価格を設定できるため、希望額で売れるのも嬉しいポイントです。

さらにメルカリは、売りに出したいお皿の写真を取って、価格やジャンル、状態の設定、説明文の入力だけで出品できます。手軽に出品できるのも、メルカリが人気の理由のひとつです。

またメルカリでの取引では、万が一トラブルが起こった場合でも、事務局によるサポートがしっかりしているので、安心して利用できます。

メルカリの出品に不安があるならメルカリ教室を活用してみよう

メルカリ教室の授業イメージ

メルカリでは簡単に出品できますが、はじめての方にとっては、出品以外の梱包や発送、購入者とのやりとりなど、どうしたら良いのかわからず不安になる方も少なくないでしょう。

メルカリでお皿を売るのが不安な方におすすめなのが、メルカリ教室です。メルカリ教室とは、認定講師がメルカリについてのあれこれを丁寧に教えてくれるサービスのことです。参加費は無料で、誰でも参加できます。

出品や梱包、発送のやり方はもちろん、売れやすくなるコツなどもレクチャーしてくれるため、メルカリ初心者だけでなく、すでに利用している方にもおすすめです。

個別の質問にも対応してくれ、その場で回答がもらえるので、受講後には不安が解消されます。メルカリ教室は対面式とオンライン式教室から好きな方を選べ、メルカリを利用する際のノウハウが学べるので、ぜひ参加してみてください。



不要になった食器は、メルカリならお得に処分できる

食器

食器は陶磁器やガラス、金属、木製、プラスチック製などの素材によって、捨て方が変わってきます。割れてしまっている場合は捨てなければいけませんが、また使えるなら、買取という方法も選べます。

少しでも高い値段で食器を処分したいなら、利用者数の多いメルカリに出品するのがおすすめです。メルカリなら簡単に出品可能で、自分で値段設定ができるため、リサイクルショップで買取してもらうより、高値で処分できる可能性が高いです。

もしメルカリの出品や梱包、発送方法が分からない方や、不安がある方は、メルカリ教室を活用してみましょう。認定講師がメルカリについて丁寧に教えてくれるので、受講後には不安なくメルカリでの取引ができるようになります。

メルカリ教室は参加費無料なので、気軽に参加してみてください。