【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

いらない財布の捨て方・処分方法とは?自分に合った方法で賢く手放そう

いらない財布の捨て方・処分方法とは?自分に合った方法で賢く手放そう

使わなくなった財布を、どのように処分したら良いか捨て方に迷う人も多いのではないでしょうか。不要な財布の捨て方は複数あり、ゴミとして捨てるだけではありません。この記事では、「古くなっていたり壊れている場合」と、「まだ使える財布の場合」という状況別におすすめの処分方法をご紹介します。

財布の捨て方は、状況に合わせて考えよう

黒い財布

使わなくなった財布をどのように処分すべきか悩んでいる場合、「古くなっていたり壊れている」というケースもあれば、「まだ使える」ということもあるでしょう。

財布を手放すときは、状況に合わせて処分方法を選ぶのがベターです。記事の中でよくあるケースをご紹介しますので、ご自分の状況に照らし合わせて考えてみましょう。

古くなった、壊れている財布の場合

茶色の財布を持っている人

いらなくなった財布や壊れている財布の場合、ゴミとして捨てるのが一般的です。

財布は、ボタンやファスナー部分は金属ですが、ベースが革や布であることが多いため、ほとんどの自治体では、「燃えるゴミ」として出すことができます。

ただし、ゴミの分別や出し方は地域によって異なりますので、財布をゴミとして出す前に、必ずお住まいの地域のゴミ出しのルールをチェックしてから、捨てるようにしましょう。

まだ使える財布の場合

赤い財布

まだ使える財布の場合、捨ててしまうより、売りに出してお金に変えるのがおすすめです。

リサイクルショップや買取店に持ち込むと、買取してもらえる場合もあります。特にブランド財布は値が付きやすいので、気になる方は一度査定してもらっても良いでしょう。

フリマアプリであれば、自分の好きな値段が付けられるので、リサイクルショップや買取店よりも高値が付く可能性があります。

フリマアプリの中で特におすすめなのが、『メルカリ』です。メルカリは日本最大のフリマサービスで、多くの方が利用しているため、購入希望者と繋がりやすいメリットがあります。

財布をメルカリで売るなら、メルカリ教室に参加してみよう

メルカリ教室の授業イメージ

財布をメルカリで売りたい場合は、まず『メルカリ教室』に参加するのがおすすめです。メルカリ教室では、メルカリ認定講師から、アプリの使い方だけでなく、出品や梱包、発送までを学ぶことができます。

講師に直接質問することもできるので、財布を売るときの疑問もすぐに解決できるのも大きなメリットです。

実店舗に加えてオンラインでの受講もできるため、お住まいの地域に関係なく気軽に参加可能です。



使用済みの財布を賢く上手に手放そう

スマホを触る人

不要な財布は、ゴミとして捨てる以外にも、リサイクルショップや買取サービス、フリマアプリでの出品など、さまざまな方法で処分できます。

買取やフリマアプリなら、処分しつつお金をもらえるので、まだ売れそうな財布を処分したいときに利用してみると良いでしょう。

フリマアプリの中でも、『メルカリ』を使うときは『メルカリ教室』に参加してからの出品がおすすめです。受講することでメルカリの基本的な使い方がわかるので、不安なく財布を売ることができます。

初心者の方はもちろんのこと、メルカリを使ったことがある方にも役立つ情報を教えてもらえますので、ご都合の良いタイミングで参加してみてください。