【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

ソファはどうやって処分する?捨て方や処分費用などを解説

ソファはどうやって処分する?|捨て方や処分費用などを解説

不要になったソファを処分する時は、どのように手放したら良いのでしょうか。大きさや重量もあり、運び出すのも一苦労。サッと捨てることは不可能です。ここではソファを捨てる場合の費用から、お得な処分方法についても解説します。

費用がかかるソファの処分方法

黒いソファ

ソファを捨てる時は基本的に失費を伴います。

一般的な処分方法は次の3つです。

  • 自治体に回収してもらう
  • 業者に回収してもらう
  • 家具販売店の引取サービスを活用する

なかでも費用がいちばん安いのは、自治体の粗大ごみに出すことです。自治体やソファの大きさによって料金の増減はありますが、ほとんどが1,000円から2,000円ほどで回収してもらえるでしょう。

電動リクライニング付きソファで2人掛け用の大きいものは、3,000円近くするところもあります。

回収業者に頼んだ場合の相場は、7,000円から12,000円くらいです。業者に依頼するメリットは、ソファーだけでなく他の不要品も一緒に捨てられる点です。

見積もりしてもらう時に、まとめて引き取り依頼をすると、値引きしてもらえる場合もあるので、相談してみると良いでしょう。

引き取りサービスのある家具屋さんで、新しいソファーを買って古いソファーを回収してもらうには、プラス3,000円前後かかると考えておくと良いでしょう。

自治体に回収してもらう

自治体での処分にも3つの方法があります。

  • 収集処分
  • 直接搬入
  • リユースサービス

「収集処分」とは、粗大ゴミに出すことです。準備として、粗大ゴミ処理券の購入と収集日の日程調整を行う必要があります。回収場所までは、自分で運び出さなくてはなりません。

「直接搬入」とは、自治体の粗大ゴミ収集センターへ直接持ち込むことです。「収集処分」より費用が割安に処分できるでしょう。

「リユースサービス」とは、保存状態がよく、まだ十分に使える家具を自治体が無料で回収してくれて、それを再販するサービスです。自治体によって、有料で引き取りに来てくれるところもあれば、搬入は自分でしなくてはならないところもあるようです。

リユースできるかどうかの判断は自治体に委ねられるので、リユースできない場合は粗大ゴミになる可能性もあることを念頭に置いておいてください。

回収業者に回収してもらう

回収業者へ依頼するメリットは、運搬の手間が省ける点です。

ただし注意点もあります。

ソファは一般廃棄物になりますが、一般廃棄物の収集・運搬は、市区町村に許可を受けた事業者しか行えません。自治体で許可を得ている業者一覧を公開しているため、その中から業者を選ぶと良いでしょう。

ホームページやチラシなどで無料と記載のある回収業者もありますが、見積もりだけが無料だったり、回収することだけが無料で処分費はかかったりするなど、完全に無料でないケースも見られます。

また、無許可の回収業者がいたり、無料回収とアピールしているのにトラックに積み込んでから高額な費用を請求してきたり、と悪質な被害が多発しているため、業者選びには注意が必要です。

無料で処分できる可能性のあるソファの処分方法

ソファを掃除する人

要らないソファは、なるべくお金をかけずに処分できたら嬉しいもの。無料で処分できる可能性はあるのでしょうか。方法次第では、利益が生まれるかもしれません。

リサイクルショップへ持ち込む

リサイクルショップへ買い取ってもらう場合は、直接店舗に持ち込むこともできますが、出張買取サービスを利用したほうが手間がかからないでしょう。

ソファの状態によって、買取してもらえるかどうかが決まります。どんな状態のソファでも買取してもらえるわけではなく、コンディションが悪ければ断られる場合もあります。

電話やインターネットから申し込みを行えば、自宅まで査定をしに来てくれて、その場で買取を行い、ソファを引き取ってもらえます。

汚れや傷が目立つところにあったり、見てすぐ分かるほど色あせていたり、大きすぎて搬出が困難な場合は、買取を断られることもあります。

お互い二度手間になるのを避けるためにも、出張買取サービスを依頼する前に、リサイクルショップへ画像を送って確認してもらうと良いでしょう。

フリマアプリやネットオークションを利用する

フリマアプリやネットオークションなどを利用し売却することで、不要品からプラスに転じて、お小遣いに変えられます。

フリマアプリやネットオークションでは、自分で価格を決められるのがメリット。キレイで状態が良いものは、早めに買い手がつく傾向があります。

欲しい人に譲る

近所の友人知人に声をかけてみましょう。もしかしたら、欲しいという方がみつかるかもしれません。運よく欲しいという方が現れると、捨てる手間から解放されます。

運送方法はいくつかあるので、トラブル無く譲りあえるように心がけましょう。

フリマアプリを使うならおすすめはメルカリ

メルカリのロゴ

ソファをフリマアプリで出品するなら、メルカリがおすすめです。

メルカリは日本最大級のフリマアプリです。たくさんの利用者がいるため、商品を出品すると数多くの利用者の目に触れることにより、買取される確率が高まります。

ここでは、メルカリをおすすめする理由について解説します。

独自サービスを利用すれば、梱包・発送をお任せできる

メルカリには、ヤマト運輸と提携してしている「梱包・発送たのメル便」があります。

梱包も発送も配送業者にすべておまかせできますし、通常料金の差額はメルカリが負担してくれます。

出品したソファが購入されたら、集荷依頼をするのみ。集荷・梱包・搬出はすべてプロが作業してくれるので、梱包方法がわからなくて出品できなかったとしても手間なく簡単に送れます。

80サイズ~450サイズまで幅広い商品に対応しているので、大抵のソファは配送してもらえます。

また、匿名配送システムを採用しているので、出品者と購入者が、互いに名前や住所などの個人情報を知らせることなく取引できます。

配送時のトラブルで、万が一、商品紛失・破損等が発生した際には、メルカリが適切にサポートしてくれるので安心です。

※メルカリの「梱包・発送たのメル便」では、ソファ1台単体で利用のみ受付しております。ソファとクッションがセットになっているもの、オットマン付きソファ、コーナーソファなど複数のソファが組み合わさっているものは利用できませんのでご注意ください。

フリマアプリ初心者も安心のサポートサービスが受けられる

ソファのような大型家具も販売できるメルカリですが、出品方法などに不安がある方はぜひメルカリ独自のサポートサービス「メルカリ教室」を利用してみましょう。

メルカリ教室は、メルカリの認定講師がメルカリの使い方や売れるコツなどを丁寧にレクチャーしてくれる無料の講習会です。

出品の流れなどをいちから説明してもらうことができ、その過程で困ったことや疑問などが発生したら、その場で質問して解消することができます。

メルカリ教室は、実店舗で開催されている対面形式とオンライン形式の2種類から選べます。オンライン教室は、毎日開催しているので、都合がつけやすいでしょう。

対面形式、オンライン形式ともに事前の予約が必要です。



不要になったソファの処分はメルカリで

ソファと観葉植物

不要になったソファはメルカリに出品してみましょう。その他の処分方法にはお金がかかりますが、メルカリに出品して売却すれば、不要品をお小遣いに変えることができるかもしれません。

メルカリには、メルカリ便という独自の配送サービスがあります。梱包・集荷・発送をすべてプロにお任せできる『梱包・発送たのメル便』を利用することで、ソファのような大きな家具も手間なく取引先へ配送することができます。

メルカリへの出品の仕方がよくわからないという方は、メルカリ教室に参加してみましょう。メルカリ教室で疑問を解消し、自信を持ってメルカリでの取引にチャレンジしてみてください。