【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

物干し竿の捨て方・処分方法|賢く手放すおすすめの方法5選

物干し竿の捨て方・処分方法|賢く手放すおすすめの方法5選

現在使っている物干し竿が不要になったとき、どのような方法で捨てたら良いのでしょうか?不要な物干し竿の処分方法は複数あり、ゴミとして捨てるだけではありません。この記事では、物干し竿の捨て方や処分方法、注意点などについて解説します。

物干し竿ってどう処分したらいいの?

物干し竿と洗濯物

物干し竿を捨てるときにかかる費用は、処分方法によって異なります。捨て方によっては、処分料がかからなかったり、お金を得られることもあります。

不要になった物干し竿は、大きく次の4つの方法で処分できます。

  • ゴミとして捨てる
  • 販売店舗に引き取りしてもらう
  • 業者に回収してもらう
  • フリマアプリで出品する

方法1:ゴミとして捨てる

物干し竿と洗濯物

ゴミとして捨てる場合は、以下の2つの方法があります。

  • 粗大ごみとして出す
  • 解体して不燃ゴミとして捨てる

それぞれどのように処分したら良いか、見ていきましょう。

粗大ゴミとして捨てる場合

物干し竿の捨て方として最もポピュラーなのが、粗大ゴミとして捨てる方法です。粗大ゴミとして処分する場合、次の2つの方法によって捨てることができます。

  • 家の近くのゴミステーションに物干し竿を出して自治体に回収してもらう
  • 自治体の指定処理施設に物干し竿を持ち込んで処分

家の近くのゴミステーションに物干し竿を出して自治体に回収してもらう場合は、粗大ごみとして300~500円ほどの処分料がかかります。

粗大ごみとして回収してもらうときは、予約が必要となる自治体もありますので、自治体のホームページをチェックしたり、電話をして処分の流れについて調べておきましょう。

物干し竿を指定処理施設に持ち込む場合は、収集費用がかからないので処分費用を抑えられるのがメリットです。

ただし、お住まいの地域によっては、持込処分を行っていないところもありますので、お住いの地域の自治体に問い合わせるか公式ホームページを確認しましょう。

解体して不燃ゴミとして捨てる

粗大ゴミの処分料を節約したい場合は、物干し竿を解体して不燃ゴミとして出すことも可能です。

燃えないゴミとして処分する場合は、ノコギリやパイプカッターで数カ所カットして、通常の不燃ゴミと同様に処分します。

解体して不燃ゴミとして捨てる場合は、収集費用がかからないので、安く物干し竿を処分できます。

注意!物干し竿と物干し台では捨て方が異なることも

物干し竿が粗大ゴミに分類される自治体では、物干し竿と同様の手順で物干し台も捨てられますが、一部の自治体では物干し竿と物干し台の扱いが異なる場合もあります。

粗大ゴミとして捨てる場合は、お住いの地域の自治体に問い合わせをするか、公式ホームページを確認して、捨て方について調べておきましょう。

方法2:販売店舗に引き取りしてもらう

物干し竿とハンガー

新しい物干し竿を購入すると、古い物干し竿を無料で引き取ってくれるサービスを展開している店舗もあります。

販売店舗に引き取ってもらいたい場合は、不要な物干し竿の引き取りが可能か、店舗に問い合わせるようにしましょう。

方法3:業者に回収してもらう

回収業者に回収を依頼すると、最短でその日のうちに物干し竿の処分をすることもできます。まとめて回収してもらえるので、物干し竿以外にも捨てるものがある時に便利です。

業者によって料金プランが異なるため、数社見積もりを出してもらい、最もおトクな業者に依頼すると良いでしょう

方法4:フリマアプリで出品する

メルカリのロゴ

フリマアプリのメリットのひとつは、自分の希望の値段で出品できることです。物干し竿の状態が良ければ、お金に変えられる可能性があります。

数あるフリマアプリの中で特におすすめしたいのは、『メルカリ』です。

メルカリは、日本最大のフリマサービスで利用者が多いため、他のフリマアプリよりも出品した物干し竿が購入される可能性が高いのが特徴です。

スマホひとつでかんたんに商品を出品できるので、売れそうな物干し竿であればメルカリを利用してみてはいかがでしょうか。

物干し竿をメルカリで売るなら、メルカリ教室に参加してみよう

メルカリ教室の授業イメージ

物干し竿をメルカリで売るなら、まず『メルカリ教室』に参加するのがおすすめです。

メルカリ教室では、メルカリ認定講師から、アプリの操作方法や出品、梱包、発送などの基本をしっかりレクチャーしてもらえます。

『メルカリ』を利用する上でわからないことがあれば、なんでも講師に質問して解決できるので、不安なく物干し竿を出品することが可能です。

メルカリ教室の参加は無料。実店舗に加えてオンラインでの受講も可能なので、ご自分の都合に合わせて気軽に参加できます。

メルカリ初心者の方、物干し竿の出品に不安がある方は、ぜひメルカリ教室をご活用ください。



不要な物干し竿を自分に合った方法で正しく捨てよう

スマホを持つ人

不要な物干し竿は、ゴミとして捨てる以外にも、販売店舗に引き取ってもらったり、業者の回収やフリマアプリでの出品などさまざまな方法で処分することができます。

『メルカリ』のようなフリマアプリであれば不要品を処分しつつお金を得ることができるので、状態の良い物干し竿を処分したいときに利用してみましょう。

初めてメルカリを利用する場合は『メルカリ教室』に参加し、専任の講師から直接メルカリの使い方を教えてもらうのがおすすめ。ぜひ出品する前に受講して、賢く物干し竿を手放しましょう。