【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリでレターパックは利用できる?おすすめのケースと発送手順を解説

メルカリでレターパックは利用できる?おすすめのケースと発送手順を解説

メルカリではレターパックを使っての発送も可能です。売れた商品の発送にレターパックを使いたい場合、どのようなケースで使うと良いのでしょうか。この記事では、レターパックで発送する際の手順や疑問にお応えします。

そもそもメルカリでレターパックは使える?

小包を持つ人

メルカリでは、レターパックライトレターパックプラスの利用が可能です。

レターパックライト、レターパックプラスいずれも、専用の封筒に商品を入れて封をしたら、あとはポストに投函するだけと、お手軽簡単に発送できます。

メルカリ教室へ参加してみませんか?

メルカリ教室では、専門の講師から「出品の流れ」「梱包・発送方法」「売れるコツ」など、様々なトピックについて無料で学ぶことができます。

現在好評につき、毎日オンライン講座を開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください。
参加方法や講座の内容については、こちらよりご確認いただけます。

レターパックを使った方が良いケース

郵便物を取り出す人の手

レターパックは、本・ CD・コスメ・アクセサリー・文房具などを送るのに適した配送方法です。

ネコポス、ゆうメール、ゆうパケットに収まらない場合はレターパックプラスがおすすめ。3cmの厚さを超えても4kgまで利用できます。

レターパックとレターパックプラスの違いについては、以下をご確認ください。

種類料金対応サイズ匿名配送追跡補償対面受取
レターパックライト全国一律370円A4ファイルサイズ
(340mm×248mm)以内、厚さ3cm以内、重さ4kg以内
×××
レターパックプラス全国一律520円A4ファイルサイズ
(340mm×248mm)以内、重さ4kg以内であれば、3cmの厚さを超えても利用可能
××

レターパックライトとレターパックプラスの違いは、対応サイズと受け取り方法です。

レターパックライトは厚さ3cmまでしか利用できませんが、レターパックプラスは4kg以内であれば3cmの厚さを超えても利用できます。

また、レターパックライトは対面での受け取りは不可ですが、レターパックプラスは対面での受け取りが可能です。

レターパックの梱包資材や購入場所

スマホと小包を持つ人

レターパックは、専用封筒の購入が必要です。送料は専用封筒の代金に含まれています。

専用封筒は、郵便窓口やローソン、ミニストップ、am/pm、デイリーヤマザキ、セイコーマートで購入可能です。

レターパックの発送方法

郵便ポスト

レターパックで発送する場合は、出品時の配送方法の設定で「レターパック」を選択します。

商品が売れたら梱包を行い、ポストに投函するか、郵便局の窓口に持参して発送すれば完了です。

発送での疑問は「メルカリ教室」で解決しよう

メルカリ教室の授業イメージ

これまでメルカリでレターパックを利用する方法についてお伝えしてきましたが、レターパックで発送する場合や、その他発送についての疑問があれば、『メルカリ教室』の利用がおすすめです。

メルカリ教室では、メルカリ認定の講師から直接梱包や発送方法のレクチャーを受けることができるため、わからないこともその場で質問して解決できます。

実店舗に加えてオンラインでも開催していますので、ぜひご活用ください。