【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリで財布が売れたら。発送方法と、迷ったときに使えるサービスもご紹介!

メルカリで財布が売れたら。発送方法と、迷ったときに使えるサービスもご紹介!

メルカリで出品した財布が売れたら、いよいよ発送。方法はいくつかありますが、財布の大きさや重さで最適な発送法が変わってくるので、どれを選べばいいのか迷う場合があります。そこでこの記事では、基本の発送方法と迷ったときに使えるサービスをご紹介します。メルカリの充実したサービスを使って、一番良い発送方法を見つけてください。

発送方法は財布のサイズで決まる!

3つの財布

メルカリで出品した財布が購入されたら、次は梱包、発送を行います。

財布には、三つ折り財布二つ折り財布長財布の3つの大きさがあり、それぞれの大きさで発送方法や料金が変わります。

また、高級ブランドの財布などは、追跡機能や補償がついた発送方法を選ぶと、より安心して購入者のもとに届けることができます。

財布の主な発送方法

財布を送るときのおすすめの発送方法として、ネコポスゆうパケットゆうパケットポストがあります。

この3種類の発送方法について、対応サイズや特徴などをご紹介します。

・ネコポス

サイズ縦31.2cm以内、縦22.8cm以内、厚さ3cm以内
重さ1kg以内
料金175円
発送場所ヤマト営業所、セブン、ファミマ、宅配便ロッカーPUDO
受け取り方法郵便受け
特徴宛名書き不要、匿名配送、追跡、補償付き

ネコポスは、一般的な長財布であれば送ることができます。追跡機能や補償もついているため安心して発送ができます。

また、宛名書き不要で匿名配送ができるので、自宅の住所や名前を公表せずに済み、個人情報を守ることもできます。

これだけの機能がついていて、175円で発送できるのはとてもお手頃です。

・ゆうパケット

サイズ長辺34cm以内で縦横厚さの合計が60cm以内
重さ1kg以内
料金200円
発送場所郵便局、ローソン
受け取り方法郵便受け、コンビニ、郵便局、はこぽす
特徴宛名書き不要、匿名配送、追跡、補償付き

ゆうパケットは、郵便局もしくはローソンで発送ができます。

受取も、購入者の自宅のポストに届くので、受取の際の負担が少なく済みます。

発送時は、郵便局で手続きをするとサイズの計測をしてもらえるので、ゆうパケットを初めて利用する方は、郵便局の利用をおすすめします。

・ゆうパケットポスト

サイズ専用箱:縦32.7cm、横22.8cm、厚さ3cm 専用箱を使わない場合:長辺34cm以内かつ縦横厚さの合計が60cm以内でポストに投函できるもの
重さ2kg以内
料金200円
発送場所郵便ポスト
受け取り場所郵便受け、コンビニ、郵便局、はこぽす
特徴宛名書き不要、匿名配送、追跡、補償付き

ゆうパケットポストは、梱包用の資材と発送用のシールがセットになった専用箱を65円で購入すれば、それに荷物を入れるだけで発送することができるため便利です。

また、重さが2kg以内であれば利用可能ですが、、専用箱が必要ない場合は、手持ちの箱に20枚100円で販売されている専用の発送用シールを購入して貼って送ることもできます。

発送場所は郵便ポストなので、専用箱、もしくはポストに入る大きさの箱に入れましょう。

他には、定形外郵便という方法もありますが、匿名配送や追跡機能、補償のサービスはついていません。

重さも50g以内までなので、長財布などは重量オーバーすることが多いです。かなり軽量な財布でないと、定形外郵便を利用して発送するのは難しいでしょう。

メルカリ教室で、個別に発送方法を相談!

メルカリ教室の授業イメージ

メルカリには、メルカリをまだ利用したことがない人や、出品に不安がある人をサポートしてくれる「メルカリ教室」があります。

メルカリ教室とは、メルカリのアカウント作成の方法や、出品から発送までの流れを教えてくれる、体験型の教室です。

参加料は無料で、オンラインでも受講することができるので、スマホがあればどこからでも手軽に受講することができます。

メルカリ教室に参加する最大のメリットは、その場で疑問や不安を解消できることです。

メルカリの利用にまだ慣れておらず、出品の流れや発送方法の選び方に疑問がある方もいるでしょう。

その場合、疑問をひとつひとつ自分で調べて解決していくこともできますが時間がかかってしまいます。

そんなとき、メルカリ教室に参加しメルカリ認定の講師に直接質問すれば、その場ですぐに疑問を解決することができます。

実際に出品したいと考えている商品を用意してメルカリ教室に参加すると、梱包方法や発送方法についても具体的に質問することができるため、出品に対する不安を解消することができます。

また、メルカリ教室では、講師と一緒にアプリを操作しながら受講するので、スマホの操作に自身がない方でも安心です。

メルカリのアプリをインストールしておけば、あとは講師と一緒にアカウント作成からすることができます。



財布の発送をするときのポイント

エアキャップを丸める人

購入者に良い状態で財布を届けるためにも、発送作業は丁寧に行うことが大切です。

丁寧に梱包し発送することで、出品者としての高評価にも繋がります。

ここでは梱包のポイントや、発送前に確認しておきたいチェック項目を紹介します。

梱包のポイント

財布を箱などに入れる前に、プチプチなどの緩衝材で包み配送中に傷がつくことを防ぐことが大切です。

また、買ったときの化粧箱が残っている場合は、その箱を利用して配送すると良いでしょう。その場合も、財布をプチプチなどの緩衝材で包んでから化粧箱に入れます。

そのあと、水濡れ防止のために化粧箱をビニール袋などに入れるとより安心です。あとは、それぞれの配送方法に合ったサイズの封筒などに入れて完成です。

化粧箱が残っていない場合は、プチプチなどの緩衝材で財布を包んだあとビニール袋などに入れてから、封筒などに入れましょう。

緩衝材がついた封筒なども100円ショップなどで販売されているので、梱包用の資材を調達することも難しくありません。

発送前の最終チェック

発送前の最終チェックは、現金が入っていないか、カードやレシートが入っていないかなど、ひとつひとつのポケットを確認します。

万が一、現金が入っていることに気づかず送ってしまうと、最悪の場合、罰則が課される可能性もあります。

自分だけでなく購入者にも影響する恐れがあるので、財布の中が空になっているかよく確認しましょう。

また、中も外も除菌シートなどを使って丁寧に汚れを取りましょう。

特にカードポケットの中などは汚れやすい場所なので、汚れが残っていないかよく確認しましょう。

財布の発送も簡単なメルカリを利用してみよう

スマホを持った笑顔の女性

メルカリは、出品方法も発送方法も簡単なので気軽にできます。

財布の発送は、サイズや重さによって最適な方法が変わるので、どれを選べばいいか迷ったときは、無料で気軽に参加できるメルカリ教室を利用して、疑問を解消しましょう。

出品の流れや梱包・発送方法についてメルカリ教室で事前に学んでおけば、実際に出品や発送をするときもスムーズにできます。

オンライン教室は毎日開催しているので、希望の日時の予約も比較的取りやすいです。予約も簡単で、3ステップで予約が完了します。(予約完了まで約1分程度!)

困ったときにも頼れるサポートが充実しているメルカリを、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。