【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリには発送期限がある?超えたときに起こることや間に合わないときの対処法まで解説

メルカリには発送期限がある?超えたときに起こることや間に合わないときの対処法まで解説

メルカリで商品を出品する際には、購入されてから発送するまでの期限を設定しなければなりません。とはいえ、忙しい方なら特にどのくらいの余裕をもって発送するべきか知りたいはず。この記事では、メルカリでの発送期限をはじめ、超えたらどうなるのか、間に合わないときの対処法まで詳しく解説します。

商品の発送期限とは

梱包作業をする人

メルカリでは、商品が売れてから発送するまでの期限が設けられています。購入者目線で考えると、「なるべく早くほしい」「この日までにほしい」という思っていることが多いので、期限は守らなくてはいけません。

ここでは、発送期限について詳しく解説します。

なお、メルカリに関する基礎知識は、メルカリ教室でも学べます。

出品画面で3つの選択肢から選ぶ

メルカリでは、発送までの日数を「1~2日」「2~3日」「4~7日」の3つから選ぶことができます。出品画面であらかじめ設定し、商品が売れたら設定した通りの日程で発送しましょう。

どの発送期限を選ぶべきか

3つの選択肢がある中で、最も売れやすいのは「1~2日」です。購入者は「なるべく早く欲しい」「早く届くのが当たり前」と考えている人が多く、同じ商品でも発送が早い方が売れやすくなります。

「4~7日」は、発送までに余裕があるものの、購入者にとっては遅いと思われる場合が多いです。発送してから届くまでにも時間がかかるので、なるべく早く届く出品を探すことになります。

ただし、「1~2日」で発送するのが難しい場合は、無理せずに他の日程を選びましょう。期限に遅れるとマイナスな印象を与えてしまうので、自分に合った発送までの日数を設定するのが基本です。

発送までの日数の数え方

どのタイミングから日にちを数えるのかも押さえておきましょう。メルカリガイドでは、以下のように記載されています。

【1月1日12時30分に購入者が支払いを完了した場合】

  • 1~2日:1月3日12時30分
  • 2~3日:1月4日12時30分
  • 4~7日:1月8日12時30分

実際に商品が売れた日時から日数を数え、期限を間違えないようにしましょう

設定した発送期限を超えたらどうなる?

箱を持つ手

発送期限を過ぎてしまうと、今後の取引に影響を与える可能性が高くなります。そのため期限を過ぎた場合に起こることを理解した上で、期日内にしっかり発送しましょう。

購入者から催促を受ける

発送期限を過ぎてしまったら、商品が到着していない購入者から催促を受けることがほとんどです。事情があるかもしれませんが、まずは遅れてしまったことを謝罪しましょう

謝罪と合わせて、いつまでに発送するか、どの配送方法を利用するかなどを丁寧に説明し、すばやく対応することが大切です。

到着後の評価が下がる

メルカリでは、商品が到着した後に購入者が受取評価を行います。発送期限を超えて到着が遅れてしまう場合、評価が低くなるケースが多いです。

悪い評価が多くなってしまうと、問題のある出品者と思われ、そのほかの出品も購入につながらなくなるおそれがあります。まずは発送期限を守り、発送の面でマイナスにならないように注意しましょう。

キャンセルになればペナルティを受ける場合もある

発送期限を超えてすぐに取引がキャンセルになることはありません。ただ、あまりにも発送が遅れたり、対応がずさんだったりすると、購入者からキャンセル申請が行われる場合があります。

キャンセルが続いたり、適切なメッセージで対応を行わなかったりすると、メルカリ事務局の判断で利用停止や強制退会などのペナルティが課されるので注意が必要です

メルカリ教室へ参加してみませんか?

メルカリ教室では、専門の講師から「出品の流れ」「梱包・発送方法」「売れるコツ」など、様々なトピックについて無料で学ぶことができます。

現在好評につき、毎日オンライン講座を開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください。
参加方法や講座の内容については、こちらよりご確認いただけます。

発送期限に間に合わないときの対処法

スマホを見る女性

とはいえ、事前に設定した発送期限にどうしても間に合わないこともあるでしょう。マイナスの影響が多くなる前に、あらかじめ対処することが大切です。

ここでは、発送期限に間に合わないときの対処法を2つ解説します。

催促を受ける前に速やかに連絡する

催促を受けてから対応するでは遅く、トラブルになる可能性が高くなります。メルカリでは、発送までの日数を超えると、メルカリ上でアラートが表示されるので、催促される前に購入者にメッセージを送りましょう。

事前に連絡をしてくれたことによって、購入者の気持ちが落ち着くことがあります。遅れるまたは遅れたという内容だけではなく、謝罪や対応策もしっかりと伝えましょう。

長期間発送できない場合は出品を停止する

旅行や出張などで発送できない状態が続く場合は、出品を停止しましょう。出品を停止すれば、万が一売れてしまって発送が遅れるという事態を防ぐことができます

出品の停止は、商品の編集画面で「出品を一時停止する」またはマイページから「全て公開停止する」で行うことが可能です。発送できる状態になったら、出品を再開させましょう。

梱包や発送など、出品者がしておく準備はメルカリ教室で学ぼう

メルカリ教室の授業イメージ

発送期限を守るためには、アイテムごとの適切な梱包や発送の方法を知っておくことも大切です。梱包や発送の準備に不安がある人は、メルカリ教室に参加してみましょう。

メルカリ教室とは、実店舗またはオンラインで参加できる無料のサービスです。メルカリ認定講師が丁寧にレクチャーを行い、メルカリの使い方や発送・梱包のコツなどを教えてくれます。わからないことはその場で質問することも可能です。

講座「出品実践編」では、講師と一緒に出品することもできます。実践しながら発送や梱包を理解して、発送期限に余裕を持って送れるようになりましょう。



メルカリで商品が購入されたら発送期限をしっかり守ろう

箱を手渡す人

メルカリでの発送期限は3つの選択肢から選ぶことができます。期限を守るのが大前提で、もし過ぎてしまうと評価が低くなったり、最悪キャンセルによるペナルティを受けたりする可能性があるので注意が必要です。

もし期限内に発送が難しい場合は、催促を受ける前に連絡し、謝罪と対応策を伝えましょう。発送期限に余裕を持って送るために、メルカリ教室で発送や梱包を学ぶのもおすすめです。