【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリで売れたサングラスの梱包手順|必要資材も合わせて解説

メルカリで売れたサングラスの梱包手順|必要資材も合わせて解説

メルカリなら、いらなくなったサングラスも手軽に売ることができます。出品したサングラスは、しっかり梱包して発送しましょう。この記事では、メルカリで売れたサングラスを梱包するために必要な資材や手順、注意点まで詳しく解説します。

はじめてサングラスを出品・発送するなら、メルカリ教室を活用

メルカリ教室の授業イメージ

メルカリで初出品する場合は、どうすれば売れるのか、どのように梱包したら良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。そのような場合は、一度『メルカリ教室』に参加してから出品することをおすすめします。

メルカリ教室は参加費無料で、メルカリ認定講師といっしょにアプリを操作して、メルカリの使い方を学ぶことができるサービスです。登録・購入・出品など基本操作から、売れるコツや梱包・発送方法まで学べるので、安心して出品することができます。

メルカリ認定講師から直接学べるため、質問があればその場で聞いて解決できるのも嬉しいポイント。

メルカリ教室は毎日開催されており、実店舗かオンラインどちらか好きな方法で受講できます。サングラスの梱包方法についても詳しく教えてもらえますので、利用しやすい方法で参加してみてください。



サングラスの梱包に必要なものは?

サングラスを持っている人

サングラスを梱包する際は、以下の資材を揃えておきましょう。

  • メガネケース
  • 封筒やショップ袋など(メルカリ便の場合は専用資材)
  • OPP袋
  • プチプチなどの緩衝材
  • 小さい段ボールや箱
  • テープやガムテープなど

サングラスは衝撃に弱く壊れやすいので、なるべくメガネケースに入れて送るようにしましょう。メガネケースがない場合は、100円ショップで購入することも可能です。

梱包にはメルカリ専用の資材しか使えない?

メルカリでの発送は、専用資材でなくても問題ありません。100円均一やホームセンターのアイテムなど、揃えやすいものを用意しましょう。

なおメルカリでは、配送方法に合わせた便利な資材も販売しています。配送方法に合わせた規格になっているため、わざわざ規格に合わせてサイズ調整をする必要もなく便利です。ぜひそちらもチェックしてみてください。

サングラスを梱包・発送する際の注意点

サングラスを持っている人

サングラスを梱包・発送する際に、注意しておきたいポイントが2つあります。

  • 緩衝材などを使ってしっかり梱包する
  • なるべく軽くコンパクトに梱包する
  • 安全に発送したいならメルカリ便がおすすめ

それぞれ詳しく解説していきますので、見ていきましょう。

緩衝材などを使ってしっかり梱包する

サングラスは、フレーム部分もグラス部分も非常に繊細な作りになっており、壊れやすい特徴があります。

輸送中に破損しないよう、必ずプチプチなどの緩衝材を使ってしっかりと梱包するようにしましょう。

なるべく軽くコンパクトに梱包する

メルカリで送料を抑えておトクに発送するには、できるだけ軽く、コンパクトにするのがポイントです。なるべく隙間ができないよう、商品のサイズに合った資材を使用するようにしましょう。

安全に発送したいならメルカリ便がおすすめ

サングラスを配送する場合は、メルカリ便の利用がおすすめです。

宛名書き不要で手間いらずなうえ、匿名配送ができるので、発送者・購入者ともにプライパシーを守って配送できます。

サングラスは壊れやすいので、輸送中のトラブルも気になりますが、メルカリ便であれば、追跡・補償が付いているので、万が一のトラブル時にも安心です。

またメルカリ便は、全国一律の税込料金で商品の発送ができるのも嬉しいポイント。

サングラスの発送には、らくらくメルカリ便の「宅急便コンパクト」とゆうゆうメルカリ便の「ゆうパケットプラス」の利用がおすすめです。

らくらくメルカリ便(宅急便コンパクト)

全国一律450円(税込)
※専用資材は別途70円(税込)

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケットプラス)

全国一律455円(税込)
※専用資材は65円(税込)

宅急便コンパクトの専用資材は、ヤマトの営業所やメルカリストアの他、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニでも取り扱いがある場合もあります。

ゆうパケットプラスの専用資材は、郵便局、メルカリストア、ローソンで購入可能です。

メルカリで利用できるらくらくメルカリ便とは?メリット・送料・発送手順を解説
MRC_165_1

サングラスをキレイに梱包する方法

箱に置かれたサングラス

サングラスの梱包方法については、メガネケースがある場合とない場合で違いがあるので、それぞれのケースで分けてご説明します。

メガネケースがある場合

メガネケースがある場合のサングラスの梱包は、以下の手順で行いましょう。

STEP1:サングラスをメガネケースに入れる

サングラスを購入したときに付いていたメガネケースがあれば、それを利用するのが最も安全です。なければ、100円ショップなどで購入したものでも問題ありません。

STEP2:メガネケースをOPP袋で包む

サングラスを入れたメガネケースを、OPP袋で包みます。こうすることで、輸送中の雨濡れなどからサングラスを守ることが可能です。

STEP3: プチプチで包む

次にプチプチなどの緩衝材でメガネケースを包みましょう。ケースに入れているので、衝撃には強くなっていますが、念のために緩衝材で包んでおくとさらに衝撃に強くなり、安心して発送できます。

STEP4:封筒やショップ袋に入れる(メルカリ便の場合は専用資材を用意)

メルカリ便で送る場合は、プチプチで包んだサングラスを専用資材の中に入れて封をします。

メルカリ便以外で発送する場合は、メガネケースのサイズに合った封筒やショップ袋に入れてガムテープなどで留めれば梱包は完成です。

メガネケースがない場合

メガネケースがない場合は、以下のようにサングラスを梱包しましょう。

STEP1:サングラスをプチプチで包む

メガネケースがない場合は、破損しないようにパーツごとにプチプチでしっかりと梱包するのがポイントです。

まずは左右のつるの部分をプチプチで包んでいきましょう。

STEP2:グラス部分を包む

次にグラス部分を包んでいきます。グラス部分は割れるのを防ぐため、プチプチで二重に包むと良いでしょう。

STEP3:サングラス全体をプチプチで包む

つるの部分を折りたたんだら、サングラス全体を再度プチプチで包みます。このときも破損防止のため、二重にしておくと安心です。

STEP4:サングラスのサイズに合った箱に入れる

サイズに合った小さめの箱を用意し、プチプチで包んだサングラスを入れます。

箱は小さめの段ボールなどを使って自分で作ることもできますが、壊れやすいのでネットなどでサングラスのサイズに合ったものを購入するのがおすすめです。

サングラスの破損を防ぐために、隙間にもプチプチなどの緩衝材を詰めてから封をしてください。

メルカリ便を利用する場合は、専用資材にサングラスを入れ、隙間に緩衝材で埋めて封をすれば梱包は完成です。

さっと梱包して、おトクにサングラスを手放そう

木の板に置かれたサングラス

今回は、サングラスの基本的な梱包、発送に関してのポイントをご紹介しました。メルカリでサングラスを上手に梱包して発送するには、衝撃から商品を守り、商品に適した梱包・発送をすることが大切です。

より詳しくメルカリの使い方を知りたい場合は、一度『メルカリ教室』に参加してから出品することをおすすめします。『メルカリ教室』は実店舗・オンラインで毎日開催していますので、ぜひご自身の都合に合わせて好きなタイミングで参加してみてください。