【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリで洋服を出品するなら|おトクに取引するための3つのコツ

メルカリで洋服を出品するなら|おトクに取引するための3つのコツ

買ったまま着ていない洋服や、数回着ただけでそのままの洋服はありませんか?手放したい洋服がある場合は、メルカリに出品してみましょう。この記事では、メルカリで洋服を出品するときのコツや、メルカリ初心者の方におすすめのサービスをご紹介します。簡単に出品できるので、この記事を参考にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

メルカリではどんな洋服が売れる?

ダンボール箱と服

メルカリにはたくさんの洋服が売られていますが、そのなかでも特に売れやすい洋服はどんな洋服かご存知でしょうか?

メルカリで売れやすい洋服には特徴があります。

ブランドの洋服

有名ブランドやデパートで取り扱われているようなブランドの洋服は知名度が高く、メルカリで検索される回数も多く、売れやすい傾向にあります。

定価で買うには手が出しにくいブランドの洋服でも、メルカリであれば定価よりも価格が抑えられていることが多いので、購入しやすいためです。

もし、もう着ていないブランドの洋服が手元にあったら、クローゼットに眠らせておくよりも、メルカリに出品して誰かに着てもらいましょう。

未使用品、新品に近い洋服

タグは付いていないけれど一度も着ていない未使用の洋服や、タグが付いたままの新品の洋服は、きれいな状態であることが購入者に分かるので、売れやすいです。

また、未使用品もしくは新品のため、定価に近い価格で出品しても売れる可能性が高く、取引後のクレームも発生する確率が低いので、メルカリ初心者の方が出品する商品としておすすめです。

買ったけれど一度も着ていない洋服がないか、クローゼットを確認してみてください。

流行中の洋服

流行の移り変わりは早いので、流行りの洋服は安価に揃えたいと思う方も多く、メルカリでも売れやすい洋服のひとつです。

ただ、出品するタイミングが流行とずれてしまうと売れにくくなる可能性があるので、出品するタイミングを逃さないよう注意が必要です。

「今流行っている洋服だけど自分はもう着ないな」と思ったら、すぐに出品すると良いでしょう。

定番の洋服

流行に関係なく、いつでも着れる定番の洋服は売れやすいです。

定番の洋服とは、ストレートやジーンズ、カーディガン、トレンチコートなど、流行の影響を受けずに、形が変わらない洋服のことです。

定番の洋服も消耗品なので、良いものをより安く手に入れたいと考える人は多く、メルカリでも取引の多い洋服になります。

メルカリで洋服を売るコツ3つ

Tシャツをスマホで撮影する人

メルカリで洋服を出品する際は、購入者の目に止まりやすくすること、購入者が安心して購入できるように配慮することが大切です。

そのために押さえておくと良いコツを3つご紹介するので、参考にしてください。

季節にあった洋服を出品する

購入者の目に止まりやすくするためにも、季節にあった洋服を出品しましょう。

そのためにも、衣替えを早めにして、出品できる洋服があるか探しておくことをおすすめします。

次の季節の洋服の出品数が少ないうちに、季節を先取りして出品することで、次のシーズンの洋服を探している人の目に止まりやすくなります。

ただし、あまりに早く出品してしまうと季節外れになってしまい、購入者の目に止まらないので、タイミングには気をつけましょう。

写真にこだわる

人間は情報の8割ほどを視覚から得ているといわれているので、出品する洋服の写真にはこだわることをおすすめします。

床において写真を撮るのではなく、ハンガーに掛け立体感を出し、背景を白い壁などシンプルにすると洋服の色や形がわかりやすい写真を撮れます。

可能であれば、出品する洋服を使ったコーディネートの写真を載せると、どんな風にその洋服を使えばいいのかイメージしやすくなるので、購入されやすくなります。

写真の写りによって、購入されるかどうかが分かれるといっても過言ではないので、納得のいく写真を撮ることをおすすめします。

商品説明をしっかり記載する

検索にひっかかりやすくするためにも、商品説明はしっかりと記載することが大切です。

特にブランド名は、正式名称の他に略称もあれば記載すると良いでしょう。

洋服のサイズは、タグに記載されているサイズは必ず記載しましょう。さらに、洗濯した際にサイズが変化している可能性もあるので、実寸も測って記載すると親切です。

洋服のカラーは、公式サイトがあればそれを参考に記載します。写真と実際のカラーが異なって見える場合は、「実際は〇〇○色です」などと一言入れておくと、取引後のクレームが来る可能性を下げることができます。

もし、とれない汚れや傷がある場合は、正直に記載しましょう。また、「なぜこの洋服を手放すのだろう?もしかして着にくいのかな?」などと不安にならないように、サイズを間違えて買ってしまったからなど、手放す理由を記載すると購入者が安心します。

商品説明をしっかり記載することで、不要なクレームの発生を防いだり、スムーズな取引ができたりするので、時間をかけて作成することをおすすめします。

出品したい洋服ごとの細かい疑問はメルカリ教室で解決!

メルカリ教室の授業イメージ

「洋服の出品のコツを把握したから、いざ出品してみよう!」

と実際に行動に移した際でも、配送方法はどれを選べばいいかなど、ほかの疑問が浮かんでくる場合があります。

自分で調べながら疑問を解消していく方法もありますが、手間と時間がかかり大変です。

そんなときには、実際の出品の流れや配送方法などについて教えてもらえる、メルカリ教室に参加するのがおすすめです。メルカリ教室では、メルカリが認定した講師がメルカリのルールや出品の流れについて教えてくれます。

講師と一緒にメルカリのアプリを操作しながら、アカウント設定や出品の流れを教わることができるので、教室が終わった後は自分ひとりで出品できるようになっているでしょう。



また、自分が出品したいものを用意してメルカリ教室に参加すると、それに合わせた配送方法のアドバイスなどももらえます。

他には、売上金の使い方や、メルペイというメルカリの決済サービスについての説明もあるので、洋服が売れた後の売上金の使い方までマスターできます。

教室の最後には質疑応答の時間もあるので、生じた疑問をその場で解決することができます。

ご自宅近くにメルカリ教室を開催している店舗があれば、そこで受講することもできますし、オンラインでの参加も可能です。しかも参加費は無料!

オンライン教室は毎日開催されているので予約も取りやすく、スマホがあれば自分の好きな場所から受講できます。

不要な洋服を出品してお部屋をスッキリさせよう

服をスマホで撮影する様子

クローゼットに眠ったままになっている洋服があれば、ご紹介したコツを使って、メルカリに出品してみましょう。

メルカリへの出品は難しくありません。不安や疑問があればメルカリ教室で質問すると良いでしょう。

まずはメルカリ教室で、流れや疑問を解消してからチャレンジすると、スムーズに出品ができ、メルカリがどんどん楽しくなること間違いなしです。

着ていない洋服を出品して部屋もスッキリさせ、臨時収入を手に入れましょう。