【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

「売れないもの」を「売れるもの」に!メルカリ出品で意識すべき5つのコツ

「売れないもの」を「売れるもの」に!メルカリ出品で意識すべき5つのコツ

幅広いアイテムの取引があるメルカリですが、出品がうまくいかないとなかなか売れないこともあります。そこで今回は、「売れないもの」もしっかり「売れるもの」にできる、メルカリでの出品のコツをご紹介。そもそも商品が「売れない」理由から、人気商品にするためのコツを紐解きます。

出品した商品がなかなか売れない5つの理由

スマホで服を撮影する人

「メルカリに出品したのになかなか売れない…」というときは、次の5つの理由を考えてみましょう。

  • 写真がイマイチ
  • 説明文が短すぎる
  • 値段が高すぎる
  • 季節外れのものを出品している
  • 買おうかどうか迷っている

それぞれ詳しく解説していきます。

商品写真がイマイチ

メルカリでは出品されている商品を直接確認することができないため、写真で得られる情報が非常に重要になります。暗すぎたり、雑に置いてある、写真1枚だけという状態だと購入には繋がりにくいでしょう

商品説明文が短すぎる

また写真と同様、商品の説明文も、購入検討ユーザーが商品状態を確認する重要な情報です。説明文が短過ぎると、どのような商品かイメージしづらいため、買ってもらえない可能性が高いでしょう。

説明文を書くのは面倒に感じるかもしれませんが、丁寧に書くことを意識しておきましょう

値段が高すぎる

ユーザーに購入してもらうには、商品の値段がメルカリ内の相場と合っていることが大切です。相場よりも値段が高すぎると、いくら商品が良い状態であっても売れ残る可能性があります。

季節外れのものを出品している

例えば、クリスマス商品をクリスマスが終わった後に出品しても、残念ながら売れない可能性が高いでしょう。商品を探している人がいないと、いくら商品が良かったとしても購入には繋がりません

買おうかどうか迷っている

商品にいいねがついているのに売れていない場合は、ユーザーが購入したいが、本当に買おうか迷っているという状態です。

出品者がユーザーの背中を一押ししてあげられれば、商品を購入してもらえる確率が高まります

売れるコツが知りたい方は『メルカリ教室』を活用しよう

メルカリ教室の授業イメージ

なかなか売れない商品を売りたい、また最初からしっかり売りたい、という人は、『メルカリ教室』を活用しましょう。

『メルカリ教室』では、専任講師がメルカリの使い方の基本だけでなく、売るためのコツなども直接解説してくれます。また商品ごとに質問もできるので、意外なものが売れると分かることもあります。

『メルカリ教室』では、商品の梱包・発送の仕方のほか、売り方のコツなどを学べる出品実践編「梱包・発送の不安解消90分」を受講できます。

オンライン・オフライン、好きな時間・好きな場所で受講できますので、ぜひ気軽に参加してみてください。



出品した商品を、人気商品にする5つのコツ

スマホで服を撮影する人

ここでは、メルカリ教室でも学べる、人気商品にするための5つのコツをご紹介します。

  • 写真をキレイに撮り直す
  • 商品の状態が伝わる説明文にする
  • 相場に値段を合わせる
  • 出品のタイミングを工夫する
  • セット売りにするなど、売り方を変える

ぜひ、チェックしてできそうなところから実践してみてください。

商品写真をキレイに撮り直す

商品写真がイマイチな場合は、写真をキレイに撮り直しましょう。

スマホのカメラであっても、「光」「背景」にこだわってみると明るいキレイな写真が撮れます。

【光にこだわる際のポイント】

商品の撮影をする際は、夜でなく必ず晴れた日の日中に行ってください。そして室内の照明は落としてから撮影します。

【背景にこだわる際のポイント】

背景も、商品を魅力的に見せるためにこだわりたいポイント。床に商品を置いたり、茶色い机の上に置いてそのまま写すのは避けましょう。最もおすすめなのは「白い背景」です。

白い背景はすっきりしていて自然と被写体に目が行きますし、レフ板のように窓からの光を反射させて暗く見えてしまう部分を明るく見せてくれます

メルカリ出品アイテムの写真を綺麗に撮るポイントって?機材不要で今すぐできる方法をチェック!

商品の状態が伝わる説明文にする

メルカリでは、出品する商品ごとに、商品説明文を記載する必要があります。

商品説明文を書くときは、3つのポイントについて記載するようにしましょう。

【商品名の表記ポイント】

商品名は、正確に記載してください。一文字でも間違えてしまうと、商品検索で表示されないため、購入に繋がりにくくなってしまいます

また、その商品の略称や通称などがあれば、そちらも記載しておくと、検索時にヒットしやすくなり、表示される可能性が上がります。

メルカリで商品を売るには、いかにユーザーに見つけてもらうかが重要です。その商品を検索するときに、どのようなワードで検索するか想定して、商品名などの情報はしっかりと記載しましょう。

【サイズ・色の表記ポイント】

商品のサイズは、購入の決め手にもなる重要なポイントです。記載するときは、公式のサイズを記載するのはもちろんのこと、実際に測って記載しておくとことをおすすめします

特に洋服などは、繰り返し洗濯しているうちにサイズが変わることも少なくないので、注意しましょう。

また、商品の色を記載しておくことも大切です。掲載する写真と実際の色味が異なることもありますので、なるべく補足で説明しましょう。

【商品の状態の表記ポイント】

メルカリで出品する際は、商品の状態に関するチェック項目もありますが、説明文にもどの部分に傷や汚れがあるかなど、細かく記載しておくことをおすすめします

「届いてみたら、想像していたよりも状態が悪かった」となってしまうと、トラブルに発展する可能性があります。

気持ちよくメルカリで取引するためにも、商品の状態は正直に記載するようにしましょう。

メルカリで売れるための文章のポイントは3つだけ!初心者におすすめのサポートもご紹介

相場に値段を合わせる

商品の値段設定は、高すぎると売れ残ってしまいますし、安すぎると利益が少なくなってしまいます。

値段設定をするときは、必ずメルカリで同じ商品を検索して、相場と合わせるか少し安くしておきましょう

ちなみに、メルカリには商品の値下げ機能も存在しているので、なかなか売れない商品がある場合は、値下げを検討するのもおすすめです。

メルカリで利益を出すには?利益計算の考え方と出品で損をしないためのポイント

出品のタイミングを工夫する

季節商品の時期を考えるのはもちろんのこと、商品を探している人の見ている時間に出品するのもポイントです。

ターゲットがビジネスマンであれば、平日の夜か土日に出品するなど、その商品を探している人がどの時間帯にスマホを見るのか想定して適切な時間帯に出品すると、購入に繋がりやすくなります

メルカリの出品は時間帯が大切。売れるタイミングづくりの秘訣とは

セット売りにするなど、売り方を変える

単品で出品してもなかなか売れない場合は、セット売りにしてみると売れる場合もあります。

例えばカップとソーサーをセットにするなど、セットの方がニーズがありそうな場合は積極的にセット売りにしてみましょう。。

逆にセット売りで売れない場合でも、単品の方が需要があることもありますので、どの売り方がニーズが高いのか、メルカリで検索をかけるなどリサーチしてみると良いでしょう

メルカリで商品の同梱発送は可能?ケース別の対応方法を解説

売れないのには理由がある!コツを知って人気商品にしよう

スマホを見る人

メルカリでなかなか売れない商品には、大きく「写真がイマイチ」「説明文が短すぎる」「値段が高すぎる」「季節外れのものを出品している」「買おうかどうか迷っている」という、5つの背景があるかもしれません。

「売れないもの」を「売れるもの」にするには、写真や説明文、値段、出品のタイミングを見直すことが大切です。

今回紹介した対策を取り入れてみると、売れない商品も売れるようになります。

もし、さらに詳しく売るコツを知りたい場合は、『メルカリ教室』の活用をおすすめします。オンライン・オフラインで毎日開催していますので、気になる方はぜひ参加してみてください。