【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリで売れた傘の梱包方法。必要な資材と手順、注意点を解説

メルカリで売れた傘の梱包方法。必要な資材と手順、注意点を解説

メルカリでは、傘を出品することができます。売れた傘は、購入者に気持ち良く受け取ってもらうためにも、丁寧に梱包することが大切です。この記事では、メルカリで売れた傘に必要な資材や梱包方法、注意点、おすすめの発送方法をご紹介します。

傘の出品が初めてなら、まずは『メルカリ教室』へ

メルカリ教室の授業イメージ

メルカリでは、傘を出品することができます。ただはじめてメルカリに出品する方は、出品方法や梱包、発送方法など分からないことが多いという方も少なくないでしょう。

そんな方におすすめなのが、メルカリ教室への参加です。

メルカリ教室とは、メルカリが認定している講師から、メルカリの使い方や出品方法、梱包方法、発送方法の基本を学べるサービスのこと。誰でも参加可能で、参加費は無料です。

講師が丁寧に分かりやすく教えてくれるため、メルカリを全く使ったことがない初心者でも安心して参加できます。

また個別の質問にも答えてくれるので、すでにメルカリを利用したことがある経験者の方にもおすすめのサービスです。

メルカリ教室は、実店舗での対面教室と、全国どこからでもWebで参加できるオンライン式教室の2種類があります。どちらも受講内容に大きな違いはないため、好きな方を選んで参加してみてください。



傘を梱包するのに必要な資材

緩衝材を触る人

傘を発送する前に、まずは梱包に使用する資材を用意する必要があります。

傘の梱包に使用する資材は、以下の通りです。

  • 緩衝材
  • ダンボール(長傘の場合)
  • 封筒(折り畳み傘の場合)
  • セロハンテープ
  • ガムテープ

傘の梱包に使う資材は、100均やホームセンター、スーパーなどでかんたんに揃えられるものばかり。またメルカリでも梱包資材を購入することができるので、活用してみるのもおすすめです。

傘の梱包方法

長靴と傘

傘の梱包に使用する資材が揃ったら、次はいよいよ梱包です。ただ傘は、種類によって梱包方法が異なります。

ここでは、長傘と折り畳み傘のそれぞれの梱包方法をご紹介します。

長傘の場合

長傘の梱包方法は、以下の通りです。

【長傘の梱包方法】

  1. 傘を一度広げて、キレイに畳み直す
  2. ボタンを留める
  3. 持ち手と先端を緩衝材で包んで、セロテープで止める
  4. 傘全体を緩衝材で包んで、セロテープで止める
  5. ダンボールに緩衝材で包んだ長傘を入れて、隙間を紙などで埋める
  6. 封としてガムテープなどで止める

傘を畳んだら、傘に付いているボタンやテープを必ず留めましょう。ボタンを留めておくことで、配送中に衝撃で傘が開くのを防いでくれます。

傘をダンボールに入れる場合は、傘のサイズに合った物を見つけるのは難しいかもしれません。その場合は、複数のダンボールを繋げて自作する方法があります。

またダンボール以外でも、ビニールシートやラップングシートで包んでもOKです。

梱包後、宛名を書いたり、宛名を書いた伝票を貼るなどしたら、後は発送するだけです。

折り畳み傘の場合

続いて、折り畳み傘の梱包方法をご紹介します。

【折り畳み傘の梱包方法】

  1. 傘を一度開いて、折り目の向きに合わせながら、キレイに折りたたむ
  2. 付属の袋に入れる
  3. 折り畳み傘全体を緩衝材で包む
  4. 緩衝材の端をセロテープで止める
  5. 封筒に緩衝材で包んだ折り畳み傘を入れる
  6. 封筒が開かないように封をする

折り畳み傘の場合は、封筒でなくても、ビニール袋に入れてもOKです。

折り畳み傘を畳む際は、折り目に沿って畳んで、同じ方向に揃えることで、見た目がキレイになります。さらに、余計な空気が入りずらくなるので、コンパクトになり、送料を最小限に抑えることが可能です。

折り畳み傘の梱包をしたら、宛名を書いたり、宛名を書いた伝票を貼ったりすれば発送準備完了となります。

傘を梱包する際に注意すべきポイント

傘立てに入っている傘

傘を梱包する際に注意すべきポイントには、以下の2種類があります。

  • 梱包前に汚れや傷がないか再度確認する
  • 持ち手と先端はしっかりと梱包する

それぞれを詳しく見ていきましょう。

梱包前に汚れや傷がないか再度確認する

出品時に傘全体の状態を確認しているかと思いますが、梱包する前にもう一度隅々まで汚れや傷がないかを確認するのがおすすめです。

外側だけでなく内側もしっかりと確認して、傘の先端や持ち手に傷がないかも注意しましょう。

梱包をしてしまうと、中身を確認することができなくなるので、梱包前に傘全体をチェックしておくことが大切です。

また、梱包したビニール袋やダンボールが破れていないかも確認しておきましょう。

持ち手と先端はしっかりと梱包する

傘の持ち手や先端は傷付きやすい部分で、特に先端は突き刺さかる可能性がある部分です。梱包をしてしまうと、中の確認ができなくなるので、配達員や購入者が危なくないようにする必要があります。

緩衝材を使って、持ち手と先端をしっかりと保護するように梱包しましょう。

傘を送るのにおすすめの発送方法

緑色の傘

傘を送る際におすすめの発送方法は、長傘と折りたたみ傘で異なります。発送方法によってサイズや送料が異なるので、発送する傘のサイズに合わせて選びましょう。

長傘の場合

長傘のサイズは、子供用なら全長約69cm~、女性用なら全長約80cm~95cm、男性用なら全長約80cm~105cmが一般的です。

長傘を送るのにおすすめの発送方法には、「らくらくメルカリ便 宅急便」「らくらくメルカリ便 ゆうパック」があります。

送料のことを考えると、サイズに合った発送方法を選ぶのがポイントです。サイズは縦と横、高さを合わせた合計の数字で、60cmなら60サイズ、80cmなら80サイズとなります。

発送方法らくらくメルカリ便 宅急便ゆうゆうメルカリ便 ゆうパック
サイズ3辺合計160cm以内3辺合計100cm、25㎏以内
配送料金(全国一律・税込)・60サイズ(2㎏以内):750円
・80サイズ(5㎏以内):850円
・100サイズ(10㎏以内):1,050円
・120サイズ(15㎏以内):1,200円
・140サイズ(20㎏以内):1,450円
・160サイズ(25㎏以内):1,700円
・60サイズ:770円
・80サイズ:870円
・100サイズ:1,070円
サポート匿名配送
荷物追跡サービス
補償サポート
匿名配送
荷物追跡サービス
補償サポート
発送場所ヤマト営業所
セブンイレブン
ファミリーマート
宅急便ロッカーPUDO
自宅集荷(+30円)
郵便局
ローソン

折り畳み傘の場合

折り畳み傘のサイズは全長約17cm~36㎝程度で、長傘と比べて、折り畳んだ状態だとサイズが小さくなるため、配送料が安くなります。

折り畳み傘を送るのにおすすめの発送方法には、「定形外郵便」「レターパックプラス」「らくらくメルカリ便 宅急便コンパクト」があります。

ただ発送方法によって、対応サイズや配送料金が異なるので、折り畳み傘に合った方法を選びましょう。

発送方法定形外郵便レターパックプラスらくらくメルカリ便 宅急便コンパクト
サイズ【規格内】
縦34cm以内×横25㎝以内×厚さ3㎝以内

【規格外】
縦60cm以内
縦34cm×横24.8cm×厚さ3㎝以上も可、4㎏以内【薄型専用BOX】
縦24.8cm×横34cm×厚さ外寸5cmまで

【専用BOX】
縦20cm×横25cm×厚さ5cm
配送料金(全国一律・税込)【規格内】
・50g以内:120円
・100g以内:140円
・150g以内:210円
・250g以内:250円
・500g以内:390円
・1㎏以内:580円

【規格外】
・50g以内:200円
・100g以内:220円
・150g以内:300円
・250g以内:350円
・500g以内:510円
・1㎏以内:710円
・2㎏以内:1,040円
・4㎏以内:1,350円
520円450円 ※別途、専用BOX代
サポート荷物追跡サービス匿名配送
荷物追跡サービス
補償サポート
発送場所郵便局
郵便ポスト
郵便局
郵便ポスト
ヤマト営業所
セブンイレブン
ファミリーマート
宅急便ロッカーPUDO
自宅集荷(+30円)

傘を丁寧に梱包して、購入者に気持ち良く受け取ってもらおう

傘立てに入っている傘

今回は、メルカリで出品した傘の梱包方法と梱包する際に注意すべきポイント、おすすめの発送方法をご紹介しました。

メルカリで売れた傘は、丁寧に梱包することで、発送中に傷つきにくくなり、受け取った購入者の印象も変わります。

傘を梱包する際は、梱包前に汚れや傷がないかの確認や、傷付きやすい持ち手と先端はしっかりと梱包することが重要です。

また梱包方法や発送方法について、疑問や不安がある場合は、メルカリ教室に参加してから出品するのがおすすめです。

認定講師が基本からコツまで教えてくれるメルカリ教室なら、不安をなくして傘を梱包できるため、ぜひ活用してみてください。