【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリでワンピースを売りたい!出品のポイントやお得な梱包・発送方法をご紹介

メルカリでワンピースを売りたい!出品のポイントやお得な梱包・発送方法をご紹介

「メルカリで出品していたワンピースが売れたけど、どのようにして発送すればいいのがわからない……」ワンピースを購入者に送るときは、丁寧に梱包しつつ、送料をおトクにしながら発送できると◎。この記事では、メルカリで使える出品と梱包、発送の際のポイントをご紹介します。

メルカリでワンピースを売るにはどうすればいい?

メルカリ教室の授業イメージ

まず、メルカリで初めて出品する方は、どのような流れで売ればいいのか悩む方も多いでしょう。

おおまかな流れとしては、出品したアイテムが購入されたら、梱包して発送するだけ。ただ出品・梱包・発送のそれぞれの項目には、細かく気を付けるポイントがあるのです。

そこで、初めてメルカリを利用する場合は、ぜひメルカリ教室を活用してみましょう。

メルカリ教室は、認定講師から無料で、メルカリについてのさまざまなことを学べるサービスです。

メルカリ教室では、認定講師がメルカリの使い方についてレクチャーしてくれて、その場で質問することもできます。そのため、初心者の方でも受講後には、不安なく出品ができるようになります。

ワンピースの出品や梱包、発送を学ぶなら、2種類ある講座のうち「出品実践編」を受講するのがおすすめです。90分間で細かいポイントや、売れやすくなるコツなども学べます。

参加費は無料で、オンラインなら自宅から気軽に受講可能なので、ぜひ参加してみてください。



メルカリにワンピースを出品する際のポイント

パソコンを操作する人の手

メルカリに出品する際には、買う人の気持ちになって、詳しい情報を商品情報として記載するのが親切です。詳しく書かれている方が、購入するときに検討しやすくなります。

ここでは、出品で商品情報を登録する際のポイントをご紹介します。

汚れなどがないかしっかり確認する

ワンピースに限らず、洋服の汚れや破れなどはしっかり確認しておかないと、後々返品トラブルなどになりかねません。そのため、出品前にワンピース全体をしっかりと確認して、汚れや破れがないかをチェックしましょう。

もしあった場合は、商品紹介文に汚れや破れがあることを記載し、その箇所がわかるように写真を登録しておくと、未然にトラブルを防ぐことができます。

商品情報は着心地などを丁寧に記載

ワンピースの生地の素材によって、着心地などが異なります。そのため商品説明文に、可能な限り、着心地などの詳しい情報を記載しておくと、売れやすくなる確率が上がります。

その他、サイズや素材はもちろん、購入者が欲しい以下のような情報を記載しておきましょう。

  • 洗濯時の注意点が記載されている「タグ」
  • どれくらい透けるのか
  • 裏地がついているのか
  • 着た時のシルエットがどんな感じなのか
  • 素材がチクチクしないか
  • スカート丈の長さ、肩幅、身幅などのサイズがどのくらいか
  • 何回くらい着用したのか

メルカリで売るためには、商品説明文はとても重要な項目になります。自分が購入する立場に立って、欲しい情報を考えて、できるだけ詳しく記入しましょう。

ワンピースを梱包する際のポイント

箱に服を入れる人

ワンピースが売れたら、次は発送するために梱包作業にうつります。ワンピースを梱包する際には、キレイな状態で丁寧な梱包で購入者に届けることが重要です。

ここでは、ワンピースを梱包する際の基本的なポイントをご紹介します。

梱包に関する細かいポイントはメルカリ教室でも教えてもらえるので、ご紹介する内容を確認するのはもちろん、メルカリ教室に参加して実際にやってみることをおすすめします。

洋服はなるべくクリーニングする

メルカリのルール上、、買取された洋服を発送する際に必ずクリーニングをするという決まりはありません。

ただあくまでも中古のワンピースですから、やはりキレイな状態の方が、購入者は気持ち良いものです。

そのため梱包する前に、専門店でクリーニングに出すか、自宅で洗濯をするのが良いでしょう。

自宅で洗える素材のワンピースなら、洗濯してキレイにケアしましょう。

ただ香りのある柔軟剤を使うと、強い香りを嫌う方もいるため、なるべく柔軟剤を使わない方が無難です。

濡れ、汚れ防止ができる袋に入れる

クリーニングしたワンピースを梱包する際は、配送時に濡れたり、汚れたりしないようにOPP袋やキレイなビニール袋に入れましょう。

その後は、ビニール袋や封筒、紙袋に入れて、開封口が開かないようにガムテープなどでしっかりと閉じれば、梱包は完成です。

ワンピースを入れるビニール袋や、それを入れる紙袋などは、100均などでも購入できるので、配送中に破れないように丈夫なものを選びましょう。

また開封口を塞ぐガムテープは、紙テープより破れにくい布テープの方がおすすめです。

ワンピースを発送する際のポイント

ダンボール箱にテープを貼っている人

最後に、おトクにワンピースを発送するポイントをご紹介します。

ワンピースの厚さ・サイズにあった発送方法を選ぶ

ワンピースを発送する際は、洋服の厚さやサイズに合った方法を選ぶことが大切です。そうすることで、受け取った相手への印象も良くなりますし、送料を抑えることにも繋がります。

発送方法は、梱包資材を含めた荷物のサイズや重さによって、料金が変わります。

梱包したものが3㎝以内なら、「ネコポス」「ゆうパケット」「ゆうパケットポスト」で、発送するのがおすすめです。

それぞれのサイズと重さ、配送料金は以下の通りです。

【ネコポス】

  • サイズ:Aサイズ(31.2×22.8cm以内)で、厚さ3㎝以内
  • 重さ:1㎏以内
  • 配送料金:全国一律175円(税込)

【ゆうパケット】

  • サイズ:A4サイズ(3辺合計60cm以内)で、厚さ3㎝以内
  • 重さ:1㎏以内
  • 配送料金:全国一律200円(税込)

【ゆうパケットポスト】

  • サイズ:32.7×22.8cmで、厚さ3cm(専用BOX:別途65円(税込))または3辺合計60cm以内、長辺34cm以内で、かつ郵便ポストに投函できるもの
  • 重さ:2㎏以内
  • 配送料金:全国一律200円(税込)

「ネコポス」は「らくらくメルカリ便」、「ゆうパケット」「ゆうパケットポスト」は「ゆうゆうメルカリ便」を選ぶことで利用できます。

どちらの発送方法でも、送る側も受け取る側も住所などの個人情報を知らせることなく取引できる「匿名配送」と、追跡サービス、配送トラブルの補償サービスが付いています。

対応サイズや重さ、発送場所などが異なるので、ワンピースの厚さ・サイズに合わせて、自分の都合の良い発送方法を選んでください。

厚さが3㎝を超える梱包の場合は、宅配便コンパクトやゆうパケットプラスを選ぶと良いでしょう。

お気に入りのワンピースを次の人に託そう

服を持った笑顔の女性

メルカリで出品者と購入者のお互いが気持ちの良い取引をするためには、商品に合った出品と梱包、発送をすることが大切です。

この記事では、基本的な出品や梱包、発送に関してのポイントをご紹介しました。しかし細かいポイントやコツを知るには、プロに聞くのが一番です。

メルカリ教室では、認定講師が丁寧にレクチャーしてくれ、わからないことは質問でも答えてくれます。そのためメルカリ初心者だけでなく、使ったことがある方も、メルカリ教室に参加することをおすすめします。

メルカリ教室に興味がある方は、ぜひスケジュールを確認し、都合の良い日時で予約してみてください。