【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリでの商品梱包のやりかた|コツをつかんで気持ち良い取引をしよう!

メルカリでの商法梱包のやりかた|コツをつかんで気持ち良い取引をしよう!

メルカリに興味はあるものの、売れたあとの梱包の仕方が分からないと不安を抱える方は意外と多いでしょう。しかし、梱包のやり方はコツをつかめばさほど難しいものではありません。この記事では、メルカリの梱包のやり方について解説していきます。

メルカリでの梱包の重要性

ダンボールに荷物を詰める人

メルカリで売れた商品の梱包は、発送方法に合わせて行う必要があります。梱包が重要だとされるのはなぜなのでしょうか。

メルカリの梱包が大切な理由

メルカリで売れたものを丁寧に梱包するのは、お互いに気持ちの良い取引をするためです。そのためには、商品の破損を防いで相手に満足してもらうため、しっかり梱包する必要があります。

商品が購入されたら、配送中に商品が壊れたり濡れたりしないよう、丁寧に梱包してキレイな状態で取り引き相手に届けましょう。

メルカリで売れた商品の梱包は、発送方法や商品に合わせて行うことが重要です。では、メルカリで梱包が大切だと考えられているのはなぜでしょうか。

購入者に満足してもらう

商品の破損を防いで届けることが大切ですが、破損を恐れて過剰な梱包をしてしまうと、準備に時間がかかり発送が遅くなってしまうおそれがあります。さらに、到着した時に取り出しにくいことも。

購入者に満足してもらうためには、商品をアイテムに合わせて丁寧に適切な方法で梱包することが大切です。

お得に発送できる

商品を適切に梱包する方法を知ることで、最も安い発送方法を選ぶことができます。また、梱包のやり方を知っておけば、迅速に発送準備が行えてスピーディーな取り引きに繋がります。

メルカリ教室へ参加してみませんか?

メルカリ教室では、専門の講師から「出品の流れ」「梱包・発送方法」「売れるコツ」など、様々なトピックについて無料で学ぶことができます。

現在好評につき、毎日オンライン講座を開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください。
参加方法や講座の内容については、こちらよりご確認いただけます。

メルカリの梱包で気を付けること

ダンボールに入った瓶

ここではメルカリで売れた商品を梱包するとき、押さえておきたいポイントを解説します。

詳しい梱包方法は後述しますので、ここでは梱包時に注意しておくべきことについて簡単にお伝えします。

なおメルカリの梱包方法は、無料で参加できるメルカリ教室でも学べます。

商品が破損しないようにする

商品を無事に届けるためには、配送時の破損を防ぐための工夫が必要です。食器などは緩衝材で包んで、外からの衝撃から商品を守るようにしましょう。商品が箱の中で動かないように紙を丸めて詰めるなどの配慮も大切です。

商品が濡れないようにする

商品をそのまま紙の封筒に入れて送ってしまうと、天候によって届けられるまでに封筒が濡れてしまうことがあります。そのため、配送中に雨などで中身が濡れないように梱包するのが重要です。

梱包は、商品をビニール袋に入れてから外袋に入れる二重包装で送るようにしましょう。

中身が見えないようにする

商品の中身が外から見えてしまうと、相手が何を買ったのか配送中に知られてしまうことにもなります。また、届いたときに家族の目に触れてしまうことも考えられます。

相手のプライバシーを守るためにも、中身が見えないように梱包するのが大切です。

丁寧に梱包する

丁寧な梱包は、相手に気持ち良く商品を受け取ってもらうためにも重要です。梱包に使用する段ボールは、自宅にあるものを再利用しても構いませんが、汚れているものや穴が開いているものを使うのは避けてください。

また、封筒にテープを貼るとき、手で雑にちぎったりせずハサミでキレイに切ってから貼った方が印象が良いものです。発送の際に貼る送り状を入れるシールなども、適当に貼らず真っすぐ貼るようにするなど、細かいところにも気を配るように心がけましょう。

はじめて梱包・発送するなら、メルカリ教室の活用を

メルカリ教室の授業イメージ

初めてメルカリを利用する人は、梱包のやり方はもちろん、相手に失礼のないように送りたいと思うはず。しかし、どのようにすればよいのか分からないという方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、メルカリ認定の講師が、丁寧に出品から梱包、発送の方法を教えてくれるメルカリ教室を活用することです。

メルカリ教室は参加費無料

メルカリ教室は、オンライン実店舗で開催されています。

オンラインの教室は毎日開催中で、自宅に居ながら参加できて便利です。

実店舗で開催される教室では、自宅近くのの店舗を選んで参加することが可能。

どちらも予約が必要で、参加費は無料です。

梱包・発送の不安を解消する出品実践編【出品から取引完了までの流れ】90分

メルカリ教室では、出品実践編という講座が用意されています。

この講座では、実際に出品するところから売れた後の流れについて学びます。

出品や梱包、発送をどうしたらいいか分からないという人に特におすすめです。

また、売上金の使い方やメルペイなどについても知ることができ、メルカリのノウハウを分かりやすく教えてもらえる内容になっています。

初心者の方だけでなく、メルカリを利用したことがある方にもためになる情報が満載です。

梱包・発送以外にも、メルカリで売れるコツなどアドバイスがもらえる

メルカリ教室では、基本的な知識や出品から梱包、発送までの流れを知る以外に、売れるためのコツを学ぶことができます。

例えばメルカリでどのようなものが売れるのかや、目に留めてもらうためのおすすめの写真の撮り方、相手に気持ちよく受け取ってもらえる丁寧な梱包方法など、知りたい人に役立つ情報が得られます。

メルカリ教室では講師が丁寧に受講者の質問に答えてくれるので、これからメルカリを始める人も何度か利用している人も、ぜひ受講してみてください。



メルカリの梱包で揃えておくとよいもの

ダンボールに荷物を入れる手

メルカリで商品を出品するときは、売れたらすぐ発送できるように梱包資材を用意しておく必要があります。ニーズの高い商品は出品してすぐ売れる可能性があるので、普段から梱包用の段ボールや袋などをストックしておくと良いでしょう。

メルカリの梱包に使う資材

メルカリの梱包に必要な資材は、段ボール封筒ビニール袋緩衝材ガムテープなどです。緩衝材は商品の破損を防ぐため、ビニール袋は商品を濡らさないために使います。

封筒の中に緩衝材がついているものであれば、商品を緩衝材で包み手間が省けるため便利です。ただし、商品の特性によってはしっかり緩衝材で包んだ方が良いものもあるので、アイテムによって見極めて対処しましょう。

梱包するときにあると便利なもの

資材の他にあると便利なものは、梱包した後の大きさを測るためのメジャー、重さを量るスケール、梱包で使うハサミカッターです。

また、封筒の厚さを測ることができる定規が売られていますが、規定の厚さ内で送れるか確認することができて便利です。

迷ったときはメルカリのオリジナル梱包資材を

梱包資材は、自宅にあるものを使うことができますが、ちょうど良いサイズのものがない、探すのが難しいという方は、メルカリオリジナルの資材がおすすめです。

メルカリストアや全国のコンビニでは、メルカリオリジナルの梱包に必要な資材が売られています。段ボールやクッション封筒、掃除機が不要な圧縮袋など、便利なものが多くあります。

また、オリジナル資材は、メルカリのポイントや売上金で購入することができます。2,000円以上買えば送料が無料になるので、まとめ買いしておくのも良いでしょう。

アイテム別に解説する梱包のやり方

紙が入ったダンボール箱

次にアイテム別に梱包のやり方を分かりやすく解説します。

アクセサリーなどの小物を梱包するやり方

アクセサリーなどの小物が売れた場合、梱包で大切なのは配送時の衝撃から商品を守ることです。また、水に濡れないようにビニール袋を使うこともポイントのひとつ。

まず、商品をビニール袋に入れてテープで留めましょう。ネックレスなどは中で絡んでしまわないよう、厚めの紙を台紙にしてネックレスをマスキングテープで留めると安心です。

商品を入れたビニール袋を緩衝材で包み、封筒に入れます。緩衝材付きの封筒がある場合は、ビニールに入れた商品をそのまま封筒に入れます。

Tシャツなどの服を梱包するやり方

Tシャツなどの薄手の服を送る場合、キレイに畳んだ服を水濡れ防止のためにビール袋に入れ、封筒や厚手のビニール袋に入れて送りましょう。

薄手のTシャツの場合は、畳んだ状態でA4サイズ(暑さ3cm)以内であれば、「ネコポス」または「ゆうパケット」「ゆうパケットポスト」という発送方法が利用できます。

もしも、袋に入れた状態で厚さ3cmを超えた場合は、他の発送方法で送ります。梱包が終わったら、必ずサイズを確認してください。

メルカリで出品した洋服の送り方|賢く適切に取引をする方法とは

厚手の服やバッグなどを梱包するやり方

封筒に入らない厚手の服を送る場合も、薄手の服と同様に丁寧に畳み、雨などに濡れないようにビニール袋に入れてから紙袋や厚手のビニール袋に入れて発送しましょう。

また、ダウンコートやぬいぐるみなど、かさばる商品を梱包するときは、圧縮袋を使って発送する方法があります。ただし、圧縮することで商品にダメージを与えてしまう場合はやめましょう。

かさばる服を圧縮して発送したい場合は、出品の際にその旨を紹介文に記載しておきます。

「発送の際に圧縮袋を使用させていただきます」「袋に入れて軽く圧縮してから送らせていただきます」などと、方法を詳しく記載しておくと、購入者も安心です。

商品を圧縮する場合、掃除機で圧縮するものではなく、手で圧縮できる袋を使うようにしましょう。手で圧縮する袋は、圧縮の調整を確認しながら行えて商品が傷つけにくいのでおすすめです。

また、圧縮袋は水濡れ防止にもなるため、圧縮した商品は段ボールか丈夫なビニール袋、または紙袋に入れて梱包しましょう。そして、段ボールの中で商品が動かないよう、緩衝材やペーパークッションを入れます。

メルカリでぬいぐるみを売るなら。梱包・発送する際のポイントをご紹介

食器などの壊れ物を梱包するやり方

食器などの壊れ物は、一つずつ緩衝材で包みましょう。また、食器同士がぶつかって衝撃で割れてしまうのを防ぐために、食器は少し離して、間に緩衝材や新聞紙を丸めたものを入れます。

メルカリなら食器も売れる。売れ筋アイテムと賢く出品するコツ

ブランドバッグなど型崩れを防ぐ梱包のやり方

型崩れが心配なブランドバッグなどを送るときは、型崩れを防ぐための配慮が必要です。発送料金を安くしたいからといって、折り畳んだり緩衝材を使用しなかったりすると、シワや型崩れの原因になってしまいます。

まず、商品を梱包する際は、商品に汚れがないか再度チェックしてからバッグの中にごみなどはないかを確認します。

ファスナーや金具が付いているバッグの場合は、金具部分を緩衝材で巻いて配送中にバッグが傷つかないように保護します。そして、バッグ全体を緩衝材で包み、しっかりテープで留めましょう。

テープを使用する場合、ガムテープではなく梱包用の透明のテープを使用すると見栄えが良くキレイに見えます。このように、細心の注意を払って梱包することで、購入者が気持ち良く受け取ることができるのです。

高級バッグが並ぶ棚

家具や家電は【たのメル便】が便利

自分で梱包が難しい大きな家具や家電は、メルカリの「梱包・発送たのメル便」を使うのがおすすめです。こちらは、商品が売れたら集荷依頼をするだけで、集荷・梱包・搬出をプロが行ってくれるサービスとなっています。

「梱包・発送たのメル便」は、80サイズから450サイズまでの大型商品に対応しているため、これまで梱包ができないからと諦めていたものでも出品できます。

サービスを利用するときは、出品時に配送方法を選択して商品が売れたら集荷希望の日時を入力するだけ。配送料は全国一律で、配送補償が付いているので万が一のときに安心です。

梱包のやり方をマスターしてメルカリを楽しもう!

白の背景の前に置かれた複数の封筒

出品する方も購入する方も気持ち良く取り引きするために、商品の梱包はとても大切です。梱包は難しそうだと尻込みしていた人でも、コツを掴めば手早くできるようになります。

購入者への思いやりを持てば、梱包も苦ではなくなるのではないでしょうか。もしも、梱包のことや他のことでも、不安なことや心配事があったら、メルカリ教室に参加してみてください。

メルカリ教室を上手に活用して梱包のやり方をマスターしましょう。