【メルカリ公式】メルカリ教室、オンラインでも開催中!

メルカリで売れた服の梱包方法は?手順や必要資材をご紹介

ダンボールに洋服をしまう人

メルカリで不要な服を出品しようと考えているものの、梱包が面倒で一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか。洋服の梱包は、ポイントを押さえてしまえば誰でも簡単にできます。この記事では、メルカリで売れた服を梱包するために必要な資材や手順、注意点まで詳しく解説します。

メルカリの服の梱包に必要なもの

段ボールの上にハサミとカッターとガムテープ

服・衣類を梱包するためには、まず資材をそろえなくてはいけません。基本的にそろえておきたいアイテムは、以下の通りです。

  • 紙袋または段ボール
  • ビニール袋
  • 緩衝材
  • テープ

ビニール袋は防水、緩衝材は衝撃防止のために使用します。服の種類や枚数などに合わせて、紙袋または段ボールを用意しましょう

資材のほとんどは、100円ショップで入手できます。高額な資材を用意する必要はないので、入手しやすく最低限の質のある資材をそろえましょう。

新品の資材を用意するのが基本

もらった段ボールや紙袋などを梱包に使いたい、という人もいます。しかし、状態が良いものを除いて、中古の資材を使うのは避けた方が良いでしょう。汚れや傷、色落ちなどがあると、梱包に雑な印象を受ける可能性があります。

基本的には、新品の資材を用意しましょう。キレイな資材であれば、購入者に安心感や信頼感を与えられ、良い評価にもつながるはずです

メルカリ専用の資材じゃないとだめ?

メルカリでは、段ボールやエアキャップ、圧縮袋などの専用の梱包資材を販売しています。コンビニ、イトーヨーカドー、メルカリストアで購入できますが、必ず利用しなければならないわけではありません。

100円ショップやホームセンターなどで購入できるので、手近で入手できるものでも大丈夫です。ただ、メルカリでは配送方法の規定に合わせた適切なサイズの資材が販売されています。梱包後にサイズが合わず、「予定していた配送方法で送れない!」となってしまうケースも多いため、一度チェックしてみてはいかがでしょうか

メルカリの梱包資材についてはこちら

【種類別】メルカリで売れた服をきれいに梱包する方法

梱包

ここでは、服・衣類の種類別に梱包方法をご紹介します。以下の衣類について、梱包方法やポイントを見ていきましょう。

  • シャツ類
  • ニット、トレーナー
  • パンツ類
  • アウター(コート・ジャケット)
  • ワンピース、ドレス
  • 着物

シャツ類を梱包する方法

Tシャツやワイシャツなどのシャツ類は、比較的薄いので紙袋や大きめの封筒に入ります。きれいにたたむことで、気持ちよく受け取ってもらえるでしょう。

  1. シャツ類をきれいにたたむ
  2. たたんだシャツ類をビニール袋に入れる
  3. 紙袋または封筒に入れ、口をテープで閉じる

ニットやトレーナーを梱包する方法

ニットやトレーナーなど厚手のトップスを梱包するときは、圧縮袋が便利です。厚さを抑えることで送料を節約しつつ、きれいに梱包できます。

なお圧縮袋を使用する際は、あらかじめ購入者に了承を得るのがポイントです。洋服の質感が損なわれることを気にする人もいるので、商品詳細文に記載する、やりとりの際に了承を得るなどしておきましょう。

  1. ニットやトレーナーなどをきれいにたたむ
  2. たたんだニットやトレーナーなどをビニール袋または圧縮袋に入れる
  3. 紙袋などに入れて、口をテープで閉じる

パンツ類を梱包する方法

ジーンズやチノパンなど、パンツ類を梱包するときは、厚みが出ないようにたたみ方に注意しましょう。厚みが偏らないように均等な間隔で折っていくと、サイズも厚みも収まりやすいです

  1. パンツ類をきれいにたたむ
  2. たたんだパンツ類をビニール袋で包む
  3. 紙袋や宅配箱などを入れて、口をテープで閉じる

アウター(コート・ジャケット)を梱包する方法

コートやジャケット、ダウンなどのアウターは、かさばりやすい衣類です。厚みが出てしまうときは、購入者の了承をもらって圧縮袋を使用しましょう。

他の衣類に比べてぴったりたたむのが難しいので、ボタンやジッパーを閉めて、できるだけ型崩れが起きないようにするのがポイントです。

  1. アウターをきれいにたたむ
  2. たたんだアウターをビニール袋または圧縮袋に入れる
  3. 紙袋や宅配箱に入れて、口をテープで閉じる

ワンピースやドレスを梱包する方法

ワンピースやドレスを梱包するときは、シワや型崩れに気を付けましょう。そのまま梱包すると配送中に崩れやすいので、たたむときに厚紙を挟むのがおすすめです。ビニール袋に入れるときにも、シワやヨレを確認しましょう。

  1. ワンピースやドレスをシワや型崩れに気を付けてたたむ
  2. たたんだワンピースやドレスをビニール袋に入れる
  3. 紙袋などに入れて、口をテープで閉じる

着物を梱包する方法

着物は、一般的な衣類とはたたみ方が異なります。折る回数が多くなると、シワや折り目が付きやすくなるので、正しい方法で最低限の回数でたたむのがポイントです。

  1. 着物をきれいにたたむ
  2. たたんだ着物をビニール袋に入れる
  3. 紙袋などに入れて、口をテープで閉じる

服の梱包に困ったら「メルカリ教室」に参加

メルカリ教室の授業イメージ

衣類の種類によって大まかな梱包方法がありますが、それぞれ形の違う洋服、どう梱包すればよいか迷うこともあるでしょう。

そんなときは、メルカリ教室に参加するのがおすすめ。

メルカリ教室とは無料でメルカリの使い方や梱包、出品、発送などを学べるサービスで、実店舗とオンラインで受講できます。

教えてくれるのは、メルカリが認定した、出品・梱包に長けた講師陣。初心者にわかりやすく説明してくれるだけではなく、その場で細かい質問にも答えてくれます。衣類の梱包で迷ったときは、ぜひメルカリ教室に参加してみてください。



メルカリで売れた服の梱包に関する注意点

スマホで写真を撮る人

購入者にとって気持ちの良い梱包をするには、2つ注意点があります。

梱包する前に、衣服の破損や汚れを再度確認する

一度梱包してしまうと、再度中身を確認するのは難しくなります。そのため、破損や汚れなどを見逃してしまえば、購入者に不快な思いをさせてしまいます。

まずは、出品時に衣類に破損や汚れがないかを確認しましょう。もし状態に不安があれば、洗濯やアイロンなどでキレイにします。

最終チェックとして梱包する前にも、衣類の汚れや縫い目のほつれ、ボタンがしっかり付いているのかなどを細かく確認しましょう。梱包した後についても、紙袋や段ボールが壊れていないかチェックするのもポイントです。

梱包時にほこりや髪の毛が入らないようにする

衣類に問題がなくても、ほこりや髪の毛などが入り込んでしまうと、不潔な印象を与えてしまいます。

あらかじめほこりや髪の毛などを落とすことはもちろん、キレイな場所で作業することも大切です。まずは作業場所を清潔にしてから梱包を始めましょう。

きれいに梱包して購入者に届けよう

段ボールにしまう人

自分が着なくなった服は、もしかすると誰かの着たい服、かもしれません。

メルカリで服を売るときは、次にその服を着る相手に気持ちよくバトンを渡せるよう、きれいに梱包しましょう。

シャツやニット、パンツなど衣類の種類に合わせて、たたみ方や資材を工夫するのがポイントです。梱包するときは、破損や汚れ、ほこり、髪の毛などにも注意が必要になります。

服の梱包に不安があるときは、メルカリ教室に参加するのがおすすめです。梱包のポイントや発送方法などを教わってから、服を梱包してみましょう。